K-POP

【タイトル曲『I’m in Trouble』公開!】NU’EST、5月11日に『The Nocturne』でカムバック。アルバムの3つの鑑賞ポイントは?

5月11日にアルバム『The Nocturne』でカムバックするNU’EST。今回のアルバムの3つの鑑賞ポイントはどこにあるのでしょうか?

変化が感じられる果敢さでカムバックしたNU’EST

アルバム『The Nocturne』は感情がより正直になる瞬間である『夜』という時間に集中、さらに濃くなったムードで異なるカラーの変身を予告しています。タイトル曲『I’m in Trouble』は、強烈な導きでお互いにハマっていく瞬間が表現されており、既存のNU’ESTの姿とは全く異なった果敢さ、胸に響く旋律から魅力を感じることができます。

多くのカラーを感じ取れる楽曲の饗宴

また、『The Nocturne』では『I’m in Trouble』(2曲目)をはじめ、ロマンティックな『Moon Dance』(1曲目)からフレッシュなサウンドである『Firework』(3曲目)、Newtro(次世代レトロサウンド)コンセプトであるサブ曲『Back To Me』(평행우주)(4曲目)、愛する人がプレゼントしてくれた子守唄のイメージである『Must』(꼭)(5曲目)、聴き慣れたビートがより魅力的な『Shooting Star』まで多くのカラーを感じ取ることができます。

画像

Twitter

歴代級の名盤の誕生を予告している?

また、歴代級の名盤の誕生を予告している『The Nocturne』は、NU’ESTの幅広い音楽的スペクトラムが多く詰め込まれています。ベクホはタイトル曲を含んだ5曲を、レンは『Must』にて作詞・作曲に挑戦しており、そのほかにもJRが『Moon Dance』『Firework』『Shooting Star』にて作詞に参加するなど完成度を高めています。

画像

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。