MENU
nafla、Loopy、Owen、Young West、BLOO、niahn…相次ぐラッパーの大麻摘発にネット上ザワつく|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

nafla、Loopy、Owen、Young West、BLOO、niahn…相次ぐラッパーの大麻摘発にネット上ザワつく

『SHOW ME THE MONEY』シリーズなどに出演していたMKIT RAIN Records所属のラッパーたちが立て続けに大麻容疑で摘発されたことでネット上が軽いザワつきを見せています。

複数のラッパーが大麻容疑で立て続けに摘発される

韓国のヒップホップレーベルであるMKIT RAIN Recordsに所属するラッパーを中心に大麻使用容疑が取り沙汰されている今回の件ですが、現段階でnafla、Loopy、Owen、Young West、BLOO、niahnが摘発されています。

원본 이미지

naver

2019年8~9月に事務所のレコーディング室で集団で大麻を吸引した容疑がかけられているとのことですが、niahnはMKIT RAIN Records所属ではないものの、日頃から上記の5名と日頃から親交が深くコラボもしており、ともに大麻を吸引したとのこと。

尿検査の結果が個人によって違う件

この件に関連しMKIT RAIN Records側は「当社の所属アーティスト全員が取り調べを受けた」と、該当のラッパーの大麻使用容疑を認めているようですが、10月19日当初は全員が尿検査が陰性と明らかにしていました。

원본 이미지

naver

しかし、翌日の20日になり事務所側が「事実と異なる部分がある」と立場を変え、警察の調査の結果nafla、Loopy、BLOOは陰性、Owen、Young Westは陽性と判定されたとのこと。このうちYoung Westは7月に起訴され、現在係争中とのことです。

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。