K-POP

『Rooftop』(옥탑방)を超える完成度?N.Flyingアルバム『夜好』(야호)鑑賞ポイントとは?

10月15日にアルバム『夜好』(야호)でカムバックし、好調なスタートを切っているN.Flying。前作のタイトル曲『Rooftop』(옥탑방)が過去最高のヒット作となっただけに、今回のタイトル曲『GOOD BAM』(굿밤)に対する期待も高いのですが、今回のアルバムの鑑賞ポイントはどこにあるのでしょうか?

①『Rooftop』に次ぐ『専売特許ソング』?

アルバム『夜好』は、忙しい日常生活の名残惜しさから眠れない青春の姿を描いたタイトル曲『GOOD BAM』のほか、夢の中の恋人に対する切ない心を、寂しい秋の感覚で表現された『Autumn Dream』、目上の人に対し直接は伝えられないけれど、言いたいメッセージが存分に込められている『Pardon?』(ㅈㅅ)、片想いの相手と曖昧な関係から抜け出したい気持ちが込められている『4242』、2019年夏の単独コンサートにて先行公開され注目を集めていた『Sunset』の5曲が収録されていますが、どの楽曲もまるで絵のように繰り広げられるような感覚になり、聴く者の記憶を蘇らせる『Rooftop』に次ぐ『専売特許ソング』という評判が高いです。

画像

Twitter

②N.Flyingだけの感性&愉快さ?

タイトル曲『GOOD BAM』はまさにN.Flyingしか表現できないカラーが込められています。まるで青春映画を見ているような歌詞が繰り広げられており、胸がじいんとくるような刺激が感じられます。MVには退屈な日常から脱出した自由奔放な姿を込め、なかなか寝られない青春そのものが描かれています。

③イ・スンヒョプが全曲作詞・作曲でアルバムの完成度UP?

アルバム『夜好』はボーカルでありリーダーのイ・スンヒョプが全曲作詞・作曲に参加したことで、より広い音楽性を知ることができなす。4曲目の『4242』のみ作曲には参加していませんが、それ以外はイ・スンヒョプの自作曲で勝負。ファンによっては『Rooftop』よりも好きかも、という方も多いようです。

画像

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。