K-POP

MXMがシングル『ONE MORE』で帰ってきた!楽曲全曲解説するよ

人気オーディション番組『プロデュース101』に出演していたBRANDNEW MUSIC所属のイム・ヨンミン&キム・ドンヒョンのユニットであるMXM。11月7日にシングル『ONE MORE』でカムバックを果たしましたが、今回はシングル『ONE MORE』全3曲を解説していきます。

シングル『ONE MORE』はどんなアルバム?

今回発売した『ONE MORE』はスペシャルシングルで、8月に発売したフルアルバム『MORE THAN EVER』の収録曲『KNOCK KNOCK』のリミックスバージョン、そしてメンバーのキム・ドンヒョンが作詞・作曲した『違って見える』(다르게 보여)、そしてキム・ドンヒョンのソロ曲である『Serenade』(세레나데)の3曲が収録されています。

instagram

アルバム『ONE MORE』全曲解説

Twitter

1. KNOCK KNOCK (TAK Remix)

『KNOCK KNOCK』(TAK Remix)は以前に発表されたアルバム収録曲のリミックスバージョンで、今回初めてタイトル曲として収録されました。原曲よりもより洗練されており、新たな楽曲を再び誕生させました。スピート感のある今回のリミックスバージョンは、楽曲の緊張感とバランスを保っており、より強烈なインパクトを与えてくれます。特に、既存のイム・ヨンミンのパワフルなラップと、キム・ドンヒョンの魅力的なハイトーンボイスがメロディーの中に新たにリミックスされたセクションとマッチし、原曲とは一味違う新鮮さを与えてくれます。

2. 違って見える(다르게 보여)

ダブルタイトル曲である『違って見える』(다르게 보여)は、キム・ドンヒョンの自作曲で、ミディアムテンポのアーバンR&B楽曲です。普段はただの友達だと思っていた彼女が、ある日を境に女性として見えるようになったという少年の感情が込められています。

instagram

3. Serenade(세레나데)

『Serenade』(세레나데)はキム・ドンヒョンのソロ曲ですが、9月に行われたMXMの単独コンサートにてサプライズ公開した楽曲として知られています。また、こちらの楽曲もキム・ドンヒョンの自作曲で、ファンの反応も良かったためか今回のシングルに収録されることになりました。今回の楽曲はまさにファンへのプレゼントで、シングルとして収録されたことに大きな意味があります。

instagram

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。