K-POP

『高等ラッパー』『37歳』疑惑で話題となったMinty、故ソルリに対するKY発言の次は横領容疑で訴えられた?

Mnet『高等ラッパー』にて年齢詐称疑惑で一躍話題となったMinty。2019年に亡くなったソルリに対するKY発言により炎上したことがありますが、どうやら2020年に入ってもお騒がせのようです。

⇒2019年の記事から追記しています。

『37歳』疑惑を否定したMinty

『高等ラッパー』で一躍有名となったMinty(本名: キム・アリン)。そのロリータを連想させる声が特徴ですが、ネット上で「Mintyの実年齢は37歳」というデマが広がります。このような噂にMintyは即否定、所属事務所を通じ「年齢は37歳ではなく28歳」「楽曲制作を24歳から始めたため、30代と誤解される部分があった」と実年齢が明かされました。

원본 이미지

naver

故ソルリに対するKY発言で大炎上!

そんな一躍時の人となったMintyですが、ソルリが亡くなった10月14日にSNSを通じ「レコーディング真っ最中に歌手が自殺したら、残された人々はどうしたらいいのだろう」といったような、まるでソルリを連想させるような発言をし、炎上騒ぎとなりました。

wikitree

その後、MintyはSNSを通じ謝罪。「レコーディングを心配しているわけではなく、知人の死をどのように受け止めなければならないのかといった心情を綴っただけです」と、発言の意図について説明しています。

【2020/07/22追記】所属アーティストのジャケットを盗み横領容疑で訴えられる

そんなMintyは2020年にもお騒がせをしてしまった様子。7月20日に所属事務所であるCORONA XエンターテイメントがMintyを横領容疑で訴えたことが明らかになりました。Mintyは2月にボイーズバンド・About Uのスタイリストを担当したそうですが、その際にメンバーが当時着ていた皮のジャケットを盗んだのが防犯カメラにバッチリ映っていたとのこと。

원본 이미지

naver

その後、事務所側が何度もMintyに問い詰めたものの否定。その後、防犯カメラの映像を見せたところ「レンタルで協賛を受けたもの」と言葉を変えては現在まで話し合いが平行線であることから訴訟に踏み切ったといいます。ちなみにMintyは現在連絡先を変え、どこにいるのか分からないとのことです。

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。