K-POP

『FOUR SEASON FOUR COLOR』プロジェクトが完結!MAMAMOO『White Wind』全曲解説

2018年3月から『FOUR SEASON FOUR COLOR』プロジェクトを掲げていたMAMAMOO。1年の歳月を経てプロジェクトが完結しました。今回は有終の美を飾るといえるアルバム『White Wind』全曲解説していきます。過去のアルバム楽曲解説についてはこちら。

『White Wind』はどんなアルバム?

『FOUR SEASON FOUR COLOR』プロジェクトの最後のアルバム『White Wind』。メンバーのフィインのイメージカラーである『白』を基調としたアルバムで、メンバーのイメージである『花』、『星』、『太陽』に続く『風』を加え完成されました。特に、今回のアルバムで最初に公開されたMAMAMOOの集合フォトには、デビュー曲『Mr.Ambiguous』(Mr.애매모호)のカラーとイメージが再現されています。

Twitter

アルバム『White Wind』全曲解説

Twitter

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】9THミニ・アルバム:ホワイト・ウィンド [ MAMAMOO ]
価格:1956円(税込、送料無料) (2019/4/9時点)

1. Where R U

1曲目の『Where R U』は、運命的な恋人を待つ、ドキドキした気持ちを表現した楽曲です。どこかに隠れている、見えない相手を待っている自身に、早く現れてほしいと歌っています。

Twitter

2. gogobebe(고고베베)

タイトル曲『gogobebe』(고고베베)は、MAMAMOOの低音と高音のボーカルの魅力を同時に聴くことができます。2001年に発売されたキム・ゴンモの楽曲をモチーフにして作られた楽曲で、もう終わったことは忘れ、楽しむMAMAMOOの姿は、見る側も楽しくさせてくれます。

3. Waggy(쟤가 걔야)

ボサノバスタイルの『Waggy』(쟤가 걔야)は、恋のときめきを隠せない友達の気持ちを、あたかも隣で聞いているかのように感じられる楽曲です。

Twitter

4. 25(Solo フィイン)

アルバム『White Wind』がフィインのコンセプトであるだけに、ソロ曲『25』はフィインが直接作詞に参加した楽曲です。まだ25歳と若いフィインは、純粋だった幼いころを懐かしがりながらも、だんだん成長し、夢に近づいたまさに今の自分を愛していると語る楽曲です。

Twitter

5. Bad bye

5曲目の『Bad bye』は、近づいてきた別れを受け入れられない、つらい感情を切なく表現した楽曲です。自身にとって別れというのがとてもつらく、悪いものであることから『Good bye』の代わりに『Bad bye』とタイトルが名付けられました。

Twitter

6. My star

何にも代えられない相手に「私だけの唯一の星」と見立て表現されている「My star」は、繊細ながらもインパクトあるメロディーラインがマッチし、より魅惑的に感じられます。

Twitter

7. 4season (Outro)

MAMAMOOの『FOUR SEASON FOUR COLOR』プロジェクトを締める『4season』は、アルバムごとにテーマ化されていた『星』『風』『花』『太陽』をイメージ化しています。ファンタジー要素あふれるアルバムのテーマが、幸せだった四季を回想させます。

Twitter