K-POP

【放送終了後にうなだれている姿が話題に?】アラフォーに見えないほど若々しいイ・ドンウク。「『PRODUCE X 101』のセンターはイ・ドンウクじゃね?」ともっぱらの話題に

5月3日に初放送の『PRODUCE X 101』。練習生たちによりタイトル曲『X1-MA』が披露されましたが、そこで話題となったのはMCのイ・ドンウクです。ネット上では「むしろセンターはイ・ドンウクじゃないか?」とザワついている模様です。

アラフォーとは思えないほど若々しいイ・ドンウク

イ・ドンウクは、1981年生まれとアラフォーに突入し、ますます成熟した姿を見せてくれている、韓国で人気の俳優です。そんなイ・ドンウクが『PRODUCE X 101』のMCを任されることになり、ファンからは期待の声が相次いでいました。

naver

ネット上「『PRODUCE X 101』のセンターはイ・ドンウクだ」

そんなイ・ドンウクは、練習生およびタイトル曲が公開される際、冒頭にて登場しましたが、あまりのイケメンさに、ネット上では「むしろセンターはイ・ドンウクじゃね?」とザワついてしまった模様です。

Youtube

【7/23追記】最終回終了後にうなだれている姿が話題に

『PRODUCE X 101』最終回にて4時間あまりMCをつとめたイ・ドンウク。しかし、放送が終わった後、何だか元気のない様子です。これはおそらく番組の終盤に脱落するメンバーの名前を呼ばなければならず、これにつらくなってしまったのではないかと思われます。実際に脱落するメンバーの名前を呼ぶ際、何度も「ごめん」と謝っていたイ・ドンウクの姿が印象的でした。

dispatch

dispatch

そんなイ・ドンウクは結局うなだれてしまった様子。イ・ドンウクの本業は俳優であり、アイドルではありませんが、番組を通じ、練習生のことを誰よりも気にかけ、信頼関係を築いていただけに、自身が脱落したメンバーの名前まで呼ばなければならない状況が受け入れられなかったようですね。