K-POP

イ・デフィがBRANDNEW MUSICの練習生からWANNA ONEのメンバーになるまでの経緯

2018年12月31日をもって活動が終了したWANNA ONE。残りの活動は1月に行われる単独コンサートのみとなりましたが、2018年に引き続き、今年もWANNA ONEメンバーについて紹介をしていきますが、今回は『プロデュース101』にて3位に選ばれたイ・デフィについてまとめていきます。

プロデュース能力が秀でているイ・デフィ

BRANDNEW MUSIC所属のデフィは『プロデュース101』のランク分けの際、後に同じくWANNA ONEメンバーに選ばれたパク・ウジン、そして現在はMXMとして活躍中のイム・ヨンミン&キム・ドンヒョンの4人で楽曲を披露。その完成度の高さにトレーナー達も圧倒されましたが、この際に披露した楽曲『HOLLYWOOD』を作詞・作曲をしたのがイ・デフィ本人です。

当時17歳だったのにも関わらず、そのプロデュース能力とパフォーマンスの高さで注目されたデフィは、テーマ曲『PICK ME』(나야 나)で最初のセンターに選ばれることに。放送を重ねるごとに、途中でランキングが下降気味でしたが、最終順位は見事3位に。まさかのベスト3入りに本人も泣き崩れてしまいます。

WANNA ONEとしてのイ・デフィ

そんあデフィのプロデュース能力はWANNA ONEに選ばれた後も健在。かつて一緒に番組に出演したMXMの楽曲や、『プロデュース48』の評価曲として使用された『See you again』(다시 만나)の楽曲提供を行ったりと、自身の才能を大いに発揮しています。

そんなデフィはWANNA ONEメンバーの中ではペ・ジニョンと仲良し。そんな2人の仲の良さに癒されているファンも多いはずです。

イ・デフィの魅力は?

そんな若い年齢で多くの才能をもつデフィは、他にはどのような魅力があるでしょうか?その隠れた魅力にみんながデフィを好きになってしまうと思います。

Twitter

ファンサービスがいいイ・デフィ

デフィの魅力のひとつとして、まずはファンサービスが挙げられます。アイドルに会ったのにまさかの塩対応だったらすごく悲しくなってしまいますが、デフィの場合はそんな心配はありません。カメラを見つけるたびに手を振ったり目を合わせたりと、その愛嬌はまさにアイドル気質。WANNA ONEのコンサートに行かれる方は是非デフィのファンサービスをご覧あれ。

料理上手のイ・デフィ

また、デフィは少しお母さん気質があるようで、以前にウジン&MXMメンバーと一緒に共同生活をしていた際に、5分以内に料理を作るなど、かなり慣れた手つきで料理をするそうです。得意料理はトッポッキ、パスタ、ラーメン、ステーキ、スープ類など多くあるようです。

ソンミが大好きのイ・デフィ

また、デフィはソンミの大ファンで、Wonder Girls時代からのファンなんだとか。以前にWANNA ONEが出演した音楽番組のアンコールステージの際、ソンミの代表曲『Gashina』(가시나)を踊っていたのをフォーカスされています。以前にラジオでソンミのファンであることを堂々と公言したりもしました。


WANNA ONEの契約は2018年で満了し、デフィはウジン、そしてMXMメンバーの4人で活動を再開することが発表されましたが、『BRANDNEW BOYS』としての活動もこれから大いに期待されています。

Twitter