K-POP

新型コロナウイルス拡散防止のため芸能人が続々と寄付も韓国の劣悪な医療現場が明らかに?

韓国では現在、新型コロナウイルスが蔓延している中で芸能人が続々と寄付をしている中、現役の看護師とみられるユーザーがオンラインコミュニティにて劣悪な医療現場について訴えています。

新型コロナウイルス拡散防止のため芸能人の寄付が相次ぐ

新型コロナウイルスの影響で新学期のスタートが延期、職場も自宅待機となっている方も相次いでいる中、拡散防止をはかるべく芸能人の寄付が相次いでいます。該当の寄付金はマスクや消毒剤などの物品を購入するのに使用されるとのことで、中には金銭ではなく物資での寄付をする芸能人もみられます。

現役の看護師により劣悪な医療現場が明らかに?

そのような中で、韓国のとあるオンラインコミュニティにて看護師とみられる投稿が話題となりました。該当の看護師は新型コロナウイルスの影響で医療現場がだんだんと劣悪になっていることを語っています。現在、休日も返上し、食事も水も口にすることができず、トイレにも行けないまま12時間以上の勤務をしているとのこと。

wikitree

さらには新型コロナウイルス感染者たちが看護師に無理なお願いをすることも多いようで、おやつ、ボディーソープ、リンス、飲み物も要求してくるといい、看護師は「適正に合う仕事だと思っていたのに1ヶ月でもうダメになりそうです」「病院でマスクも不足している状態です。多くの寄付金が一体どこに使われているのか分からない」「どうか看護師に無理なお願いをしないでほしい」と訴えかけています。該当の投稿は現在削除されています。

「寄付金を医療関係者のために使用するべき」といった声も?

このような劣悪な医療現場を語る看護師の投稿には多くの反応が寄せられました。「誰が一体看護師にこんな無理なお願いを…」「本当にありがとうございます」「医療関係者が一番大変だよね」「元気だしてもう少しだけ頑張ってほしい」といったコメントが相次ぎました。また、多額の寄付金は「患者にもだけど、医療関係者のためにも使用してあげてほしい」といった声も高まっています。

wikitree

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。
Secured By miniOrange