K-POP

キム・ヨハン、雑誌のインタビューに答える。「X1のセンターになってから悪質コメントが殺到してパニック障害に陥った」

1月6日までX1のセンターとして活躍していたキム・ヨハン。雑誌『10Star』のインタビュー内容が話題になっています。

テコンドー選手からアイドルになるまでの経緯とは?

父親がコーチをしていたことから自然にテコンドー選手となっていたというキム・ヨハン。高校1年生のころから選手生活を始め、1年後の高校2年生の頃から芸能事務所にスカウトされたものの、奨学生として大学に入学するべく、テコンドーのみに集中したとのこと。そうしているうちに、現在の所属事務所であるOUIエンターテイメントと出会い、アイドルとしての道を夢見ることになります。

원본 이미지

naver

当時テコンドーしかできるものが無かったキム・ヨハンは歌、ダンスともに基礎から学ばなければなりませんでした。さらには「アイドルになりたい」と周りに言っても反対されるばかりのキム・ヨハンでしたが「やろうと思えばなんでもできると思う」と、自身の信念を貫くことに。

X1のセンターになったものの…?

その後『PRODUCE X 101』に出演後、見事X1のセンターとなったキム・ヨハン。しかし、センターになった後もいいことばかりではありませんでした。数えきれないほどの悪質コメントが来てはストレスが溜まり、パニック障害に陥ったこともあったといいます。そのため、キム・ヨハンは「やめようかと思ったこともあったけど『ダメだったらできるまでやろう。できると思えばできないことなんて無い』という思いで必死に耐えた」とのことです。

원본 이미지

naver

新型コロナウイルスの感染拡大の裏で1000万ウォンを寄付したことについて

なお、キム・ヨハンは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で1000万ウォンを寄付したことでわだいになりましたが、キム・ヨハンいわく「無駄遣いは期待だけど、使わなければならない時には一気に使う方だ」とのこと。「友達と遊ぶ時も割り勘は嫌い」というキム・ヨハンですが、「僕ができる最大限の金額を寄付した。金額は関係なく、僕よりも他の人たちが大切に使ってくれればと」と答えています。

원본 이미지

naver

・関連記事

これからの抱負は?

そんなキム・ヨハンの今後の抱負は「音楽、演技など、多くの姿をファンに見せたい」とのこと。「ファンが僕の行く道の足跡になってほしい」「いつも謙遜しているキム・ヨハンとして生きていきたい」と強調しています。

원본 이미지

naver

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。