MENU
K-POP

【今になり騒動の件を謝罪し始める】飼い猫飼育放棄に熱愛報道、裏アカ流出などでネット上がザワついたキム・ヨングク騒動の発端から現在まで

『プロデュース101』シーズン2の出身者で、派生グループであるJBJのメンバーとしても活躍した中国出身のキム・ヨングク(Jin Longguo)。最近になり様々なスキャンダルで世間を騒がせたことは記憶に新しいですが、今回はそんなキム・ヨングクの騒動の発端から現在までの動向をまとめていきます。

ネット上をザワつかせたキム・ヨングク騒動まとめ

원본 이미지

naver

SONAMOOナヒョンとの熱愛報道

スキャンダルの発端は、11月9日にキム・ヨングクがガールズグループ・SONAMOOのナヒョンとの熱愛説が浮上したことから始まります。キム・ヨングクがナヒョンとの親密とみられる写真がオンラインコミュニティとSNSに上がり、騒動になりました。これに関しては両者とも「ただの親しい友人」と熱愛を否定しています。熱愛を否定したのが次の日の11月10日です。

naver

キム・ヨングクが飼い猫を捨てた?

ただのアイドル同士の恋愛であるなら「アイドルだって恋愛するし…」とそこまで騒動にはならなかったと思いますが、キム・ヨングクにさら追い打ちをかけたのが、2人が熱愛を否定した11月10日に、自身の飼い猫のうちの1匹を飼育放棄したのではないか?という噂が流れます。キム・ヨングクといえば、自身のSNSに飼い猫との写真を多くアップしており、愛猫家のイメージが強かったのですが、まず最初にキム・ヨングクにはトルビ(톨비)という猫を飼っていました。その次にルシ(르시)、カグ(카구)と3匹の猫を飼い始めます。

naver

しかし、カグを飼い始めた頃からルシの写真をアップしなくなったことで、ファンの間からは「ルシどこ行った?」と疑問の声が相次ぎ「キム・ヨングクがルシを捨てたのではないか」と事態が大きくなりました。現にルシは後日猫カフェで発見されています。ルシは前足に特徴的な模様があるため、すぐに判別できたそうです。

원본 이미지

naver

これに関し、所属事務所およびキム・ヨングク本人が直接謝罪をすることになりました。所属事務所とキム・ヨングクいわく「ルシがカグと一緒に暮らしてから適応できなくなり暴れるようになった」「悩んだ末にルシを手放すことに決めた」とのことです。ルシはその後、所属事務所のオフィスにて保護されたとのことですが、あまりにも無責任なキム・ヨングクの行動に批判は避けられない状態です。

裏アカにJBJメンバーとファンの悪口まで?

キム・ヨングク騒動はこれだけでは終わりませんでした。これに関しては誰が流出させたのかは明らかになっていませんが、キム・ヨングクの裏アカというものが存在し、そこにはかつてともに活動してきたJBJメンバーやファンに対する悪口、元カノなどの写真も投稿されていたそうです。

・ファンへのサイン入りアルバムを目の前にして「大幻滅」と投稿

pann

・JBJ契約延長の意向については「ふざけんなよ」と投稿

pann

その他にも、ファンからもらったプレゼントを大量に捨てた、未成年の頃にクラブに出入りしていた…など、まさに「ホコリを叩けば何でも出てくる」状態のキム・ヨングクです。ちなみにキム・ヨングクは謝罪文にて裏アカに関しても「反省しています」と言及しており、裏アカの存在については否定していません。

キム・ヨングクの現在の動向は?

このように様々な要因が重なり、大きな波紋を呼んだキム・ヨングクですが、その余波はスケジュールにも影響してしまいました。今後予定されていたアルバムのイベント中止、そして日本でのファンミーティング延期が発表されました。

そして5月からMCをつとめている音楽番組『THE SHOW』のMCも不参加を発表しており、騒動後はスペシャルMCとして同じJBJメンバーとして活躍し、現在はJBJ95として活動しているキム・サンギュン、そしてGolden Childボミンが担当しました。ちなみにキム・ヨングクには降板説が流れておりますが、現段階では番組側が降板を否定しています。

・キム・サンギュン(JBJ95)

instagram

・ボミン(Golden Child)

instagram

『プロデュース101』から輩出されたJBJは、ファンの要望により結成されたメンバーであるだけに、今回のキム・ヨングク騒動は、今まで彼を応援してくれたファンにとっては失望の声が多いのが現状です。今後の彼の動向にも注目が集まりそうです。

【8/13追記】8月中にカムバックを予告もネット上では冷たい反応?

騒動後、特に目立った活動が無かったキム・ヨングク。そんな長い空白期の中、8月中にカムバックすることを明かしています。現在、楽曲のレコーディング中ということですが、ファンからはやはり厳しい反応が寄せられています。その後、キム・ヨングクは8月29日にカムバックを果たしました。

원본 이미지

naver

ファンからの厳しい反応

・猫捨てといてしれっとカムバックかよ

・歓迎するとでも思ってるの?

・育てていた猫捨てといて嘘までついたあの中国人?

・良心があるなら韓国活動は自粛するべきでは?

・復帰って簡単にできるんだね

・まだこいつのこと応援する人いるの?

・猫の件は無かったことになってない?

【9/7追記】今になりinstagramにて改めて謝罪し始めた件

アルバム『MONO DIARY』で活動中のキム・ヨングク。instagramにて今になり騒動について改めて謝罪。「間違った判断だったと反省しています」「ファンに失望と傷を与えてしまい心が痛いです」などと綴られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

안녕하세요. 여러분. 용국입니다. 우선 이번에 새로 발매한 제 앨범에 많은 응원 보내주셔서 너무 감사합니다. 짧은 활동을 마무리하면서 그동안 오랫동안 고민해왔던, 늦은 줄은 알지만 더 늦으면 안 될 것 같아 제 이야기를 들려드리고자 합니다. 저로 인해 발생한 지난 여러 가지의 문제에 대해 모든 일은 제가 부족해서 생긴 일이고 제가 감당해야 할 일이라고 생각하였고, 여전히 부족했던 저 자신을 반성하고 있습니다. 당시 사실이 아닌 부분도 있었지만 더 이상의 이야기는 변명으로만 전달될 것 같아 말을 아끼게 되었습니다. 하지만 말을 아꼈던 상황으로 인해, 있지 않은 내용이 사실이 되어버리거나 제 진심과는 다르게 전달이 되어 많은 분들에게 상처로 남게 된 것 같아 오랜 고민 끝에 용기를 내게 되었습니다. 우선, 르시에 대한 부분은 르시에게도 그리고 이 문제로 인해 실망과 속상함을 느꼈을 모든 분들에게 죄송할 뿐입니다. 여러 고양이들과 생활하면서 고양이들 사이의 마찰을 해결할 방법을 현명하게 판단하지 못해 르시를 보내게 되었습니다. 그게 르시도 다른 고양이들도 행복할 것이라고 단순하게 생각한 제 잘못입니다. 저보다도 르시를 더 아껴주셨던 팬분들에게 르시가 함께 하지 않는다는 사실을 알리지 못한 건 언제 어떻게 이야기를 해야하는지 고민을 하다 결국 그 시기를 놓쳐버렸기 때문입니다. 이 역시도 잘못된 판단이었고 반성하고 있습니다. 르시를 보낸 후 바쁘다는 핑계로 르시의 안부도 확인하지 않아 어떤 아픔이 르시에게 생겼는지도 나중에나 알게 되었습니다. 이 문제가 알려진 후 르시를 분양받으시고 잃어버린 분에게서 본인의 문제임을 밝히겠다는 뜻을 전해 받았었지만, 모든 잘못은 르시를 제 품에서 보낸 제 탓이 제일 크다고 생각하여 그분의 존재를 밝히지 않았고, 지금도 그 생각은 변함이 없습니다. 비공개 SNS의 글에 대해서도 상처받으셨을 팬분들에게 우선 사과드립니다. 저는 데뷔 후 활동을 이어오면서 너무너무 행복했고 또 행복이 사라질까 두려울 정도로 많은 사랑을 받았습니다. 하지만, 데뷔 전과 비교하여 쉴 새 없이 많이 바빠진 생활에 체력적으로 힘들었던 것도 사실입니다. 꼭 말씀드리고 싶었던 것은 팬분들에게 보답하는 무엇에 대해 전 환멸을 느끼거나 활동이 빨리 끝나길 바란 적도 없습니다. 체력적으로 지쳐 비공개 계정이라고 너무나도 철없게도 참을성없이 남긴 몇 자의 글이 제 마음과는 다르게 전달되어 많은 팬분들에게 실망과 상처를 드리게 된 것 같아 그 점이 너무 마음이 아팠습니다. 제 진심은 항상 벅차게 감사했다는 점 알아주시고 부디 상처받지 않으셨으면 합니다. 게임방송에서 여성 혐오 발언이나 팬분들을 시어머니라고 표현했다는 건 사실이 아닙니다. 제 게임 아이디는 워낙 팬분들께 많이 알려져 있었고, 하지만 팬분들이 안다는 이유로 아이디를 바꾸고 싶진 않았기에 그대로 아이디를 유지하면서, 게임을 할 때 혹시나 나도 모르게 비속어를 사용하지는 않을까 더욱 신경 써왔습니다. 무엇보다도, 저도 동영상 속 여혐 발언을 한 사람이 저라는 글과 동영상을 확인은 했지만 아이디도 제 것이 아니었고 실제로도 제가 아닙니다. 또, 시어머니라는 말은 제게 너무 많이 생소한 단어이고, 저는 팬분들을 시어머니라고 느꼈던 적은 더더욱 없습니다. 콘서트에 어머니가 오셨는데 제가 모르는 척 그냥 돌려보냈다는 글을 보게 되었습니다. 저는 실제로 데뷔 후에 어머니와 한번도 만나지 못했습니다. 어머니께서도 아쉬워하시고, 저 역시 제 무대를 어머니께 직접 못 보여드려 아쉬웠습니다. 데뷔 후에 저를 만나러 오시질 못했는데 사실과 다른 그 글을 어머니께서도 보시고 많이 속상해하셨고, 저 대신 해명을 하시려고 노력하시는 것을 보면서 많이 마음이 아팠습니다. 데뷔 후 어머니께서 한국에 저를 보러 오지 못했다는 것을 여러분께 증명을 해드릴 길은 없지만 사실이 아님을 말씀드리고 싶습니다.

김용국 金龙国さん(@hiimlongguo)がシェアした投稿 –

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。