K-POP

【2020年に活動を再開する?】カン・ダニエル、うつ病&パニック障害を明かす「つらい。誰か助けてほしい」

カン・ダニエルが日頃からの悪質コメントによる苦痛を明かし、ファンから心配の声が相次いでいます。

⇒【1/30追記】2019年の記事から追記しています。

うつ病&パニック障害を明かしたカンダニエル

カン・ダニエルは今年の上半期から免疫力の低下による健康の悪化により、心理的な不安症状を訴え病院で診察、精密検査によりうつ病およびパニック障害の診断を受けたことを明かしました。その理由としては、カン・ダニエルに対する日頃からの悪質コメントによるものとされています。

画像

Twitter

『THE SHOW』で1位を獲得も非難を浴びたカン・ダニエル

カン・ダニエルは12月3日放送の『THE SHOW』にて1位を獲得。しかし、カン・ダニエルは今回デジタルシングル『Touchin』のカムバックで、CDを発売をしていないのにも関わらず、音源&CDの点数の部分で4000点という圧倒的な点数をたたき出しことから、ともに1位候補であったAOAとASTROのファンから非難の声が相次いだのが事実です。その後『THE SHOW』側は集計ミスなどはなかったことを正式に明かしました。

画像

Twitter

naver

『SHOW CHAMPION』事前録画キャンセルを発表したカン・ダニエル

このような健康上の問題により、カン・ダニエルは12月4日の『SHOW CHAMPION』の事前録画をキャンセル。今後の活動に関しても支障が出ると予想され、所属事務所であるKONNECTエンターテイメントも「事実上活動が難しくなる」と公式立場を明らかにしています。

画像

Twitter

「誰か助けてほしい」と心情を吐露したカン・ダニエル

また、カン・ダニエル本人も12月3日に自身のファンカフェで数回自身の心境を吐露しました。そこには「つらい」「もう限界です」「誰か助けて下さい」と悲痛な叫びが綴られています。

画像

Twitter

カン・ダニエルがファンカフェに綴った文章

ずっと我慢してきましたが本当につらいです。

つらい。もう限界です。どうしたらここまでつらくなれるのかと思うほど、ひどくつらいです。誰か助けてください。

WANNA ONEのコンサートが終わり、膝をついてお辞儀をする写真も、僕の感情がバカにされるのも、僕の行動すべてが監視され、それがネガティブな方向に進んでいくのも、僕の愛する音楽、そしてステージがゴミ扱いされるのも、僕の大切なファンがバカにされるのも、家族が僕の代わりに悪く言われるのも、いつから僕のことを好きでいてくれるのが罪になったのか、ただ本当につらいです。もう疲れました。

グループの活動からネット上で何を言われてもずっと我慢してきたし、今年も、さらに一週間前までも耐えてきましたが、ただただつらいです。

毎日どうやって僕が悪く言われるのか、どんな単語で、どんなひどい言葉で悪く言われるのか、事実とは異なる噂で、僕の人生に対しどう評価されるのか、僕がどう生きてきたのか、多くのことに耐えてきました。もうつらいんです。

もう僕のせいでつらい思いをしないでください。

【1/30追記】カン・ダニエルが2020年から復帰する?

このように、芸能活動をしばらくお休みしていたカン・ダニエルですが、12月29日に自身のファンサイトに直筆の手紙を公開。そこには2020年に活動再開を暗示する文章が綴られています。

naver

カン・ダニエルの直筆の手紙全文(全和訳)

こんにちは。カン・ダニエルです。大晦日が過ぎ去り、2020年もすでに1ヶ月が過ぎましたね。長かった冬、DANITY(ファンクラブ名)の皆様はお元気ですか?

僕にとってはひどく寒い冬でした。寒さに打ち勝つためにはしばらく休むことが必要でした。おやすみという挨拶もできずいなくなってしまい申し訳ありません。DANITYの皆様には挨拶しなければならなかったのに、このように遅れて謝罪するのも本当に申し訳なく思っています。

凍り付いていた僕の冬も終わりを告げ、その終わりには春の始まりがあるみたいです。皆様が送って下さった温かな言葉が春を連れ、僕も再び起き上がろうと春を迎えようと思います。

突然の知らせに驚かれたにも関わらず、温かく包み込んでくれた皆様に、遅くなりましたが、ありがとうと伝えたいです。ファンカフェに一文字ずつメッセージを書き込んで下さり嬉しかったです。

少しとげとげしい言い方をしてしまった僕の話を聞いて下さり、応援して下さり、また一緒にいてくれたことも大きな助けとなりました。何度言っても言い足りないくらいです。

そろそろ起き上がろうと思います。皆様から受けた愛を何倍にでもしてお返しいたします。毎日が幸せなことばかりではないと思いますが、皆様と一緒ならば絶対に多くの幸せなことが起こるでしょう。

今年は笑える日が多くなると思います。幸せな2020年を作っていくましょう。ありがとう。僕のDANITY。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。