カン・ダニエル、7月25日にソロデビュー。アルバム『color on me』コンセプトフォト続々公開中|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

カン・ダニエル、7月25日にアルバム『color on me』でソロデビュー。タイトル曲『What are you up to』(뭐해)が公開。

所属事務所との法廷論争を一旦終え、カムバックの準備に入っているカン・ダニエル。7月25日についにソロデビューすることが決まりましたが、デビューアルバム『color on me』のコンセプトフォトが続々と公開され、ファンの期待を高めています。

7月25日にソロデビューするカン・ダニエル

2018年12月にWANNA ONEとしての活動を終え、ソロとして活動を控えた矢先、所属事務所であるLMエンターテイメントとの葛藤があり、裁判にまで発展、活動を見送らざるをえなかったカン・ダニエル。裁判において当面の間は所属事務所の許可が無くとも自由に活動ができることになった関係で、ファンはカムバックを待ち望んでいました。

その後、個人事務所を立ち上げたことを発表し、7月25日についにソロデビューを果たすカン・ダニエル。アルバムを通じ、どのような姿を見せてくれるのか、今からファンは楽しみで仕方ないことでしょう。

アルバム『color on me』は全5曲収録とのことですが、1曲目のイントロ曲を除く『Color』、『뭐해』(What are you up to)、『Horizon』、『I HOPE』にてカン・ダニエルが全て作詞に参加しているとのことで、アルバムの完成度をより高めています。

画像

Twitter

【7/25追記】アルバム『color on me』全曲解説

1. Intro (Through the night)

イントロ曲である『Through the night』は強烈なドラムサウンドとカン・ダニエルのパフォーマンスがうまくマッチしています。

2. Color

2曲目の『Color』は、多くのコンセプトが合わさった雰囲気に、グルーヴ溢れるビートで曲名のようにカラフルな感覚を味わうことができます。

3. What are you up to(뭐해)

タイトル曲『What are you up to』(뭐해)は、サウンドが全般的に対照される要素と思わず口ずさんでしまうようなサビで、カン・ダニエルのカムバックを待ち望んでいた全世界のファンに恩返ししようという楽曲に仕上がっています。

4. Horizon

4曲目の『Horizon』は、全般的にBGMの無い部分の緊張感を100%生かした楽曲で、グルーヴなダンスを踊るカン・ダニエルが連想される楽曲です。

5. I HOPE

最後の楽曲『I HOPE』はカン・ダニエルがコンセプトから作詞まで直接参加した楽曲で、洗練されたビートの中にキャッチーなメロディーと、ファンに伝えたいメッセージが込められています。

カン・ダニエルが始球式参加もロッテファンがボイコット?

そんなカン・ダニエルはカムバック前である7月9日に、自身の地元である釜山での始球式に参加することが決まった中、ロッテファンが始球式をボイコットするという声明文を提出しました。

・ロッテファンによるボイコット声明文

롯데 팬들은 왜 강다니엘의 시구를 보이콧하자고

huffingtonpost

ボイコットをする理由というのが実に衝撃的で、今回試合を控えているロッテジャイアンツは5月22日からビリから這い上がれず、その状況の中で社会的影響力のあるカン・ダニエルが参加することで、カン・ダニエルのイメージが悪くなるのではないか?という心配からのボイコットだそうです。

カン・ダニエルのファン「試合まで全て観るつもりです」

カン・ダニエルといえば、先日の所属事務所との裁判沙汰から独自の活動が認められ、本格的に芸能活動を再開することを予告していましたが、今回の始球式を通じ久々にファンの前に姿を現すことになります。それだけに、カン・ダニエルの姿が見られるのを楽しみにしているファンは、始球式だけを見て帰るといったことは絶対にせず、試合まで全て観ると明かしています。当日の始球式がどのように進行されるか注目ですね。

롯데 팬들은 왜 강다니엘의 시구를 보이콧하자고

huffingtonpost

無事に始球式を終えたカン・ダニエル

そんなロッテファンのボイコットとは反し、カン・ダニエルは7月9日の始球式に予定通り参加。野球場には多くのファンが訪れたようですが、そんなカン・ダニエルのパワーなのか、連敗続きだったロッテジャイアンツが1勝を収めたとのことです。当日の試合はかなり盛り上がったようですね。

원본 이미지

naver

원본 이미지

naver

원본 이미지

naver

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。