K-POP

カン・ダニエル、活動に赤信号?所属事務所と対立&BIGBANG V.Iの件と関連づけられファンが怒りの声

WANNA ONEのセンターとして活躍していたカン・ダニエルが所属事務所と対立、紛争中であることを直接明かしました。それに加え、BIGBANG V.Iの例の不祥事となぜか関連づけられたことに対し、ファンは疑問の声を隠せません。

所属事務所と紛争中であることを明かしたカン・ダニエル

今回の騒動は、3月3日に複数のメディアが『カン・ダニエルが所属事務所のLMエンターテイメントから他の事務所に移籍を考えている』と報道したことから始まります。これに対し、カン・ダニエルは翌日の4日に『事実です』と発表。本人いわく「所属事務所に僕の名義でSNSアカウントの譲渡を要請したところ断られたことで、紛争中という記事が多く報道されました」とし、所属事務所に内容証明を送ったことを明かしています。

 

View this post on Instagram

 

Hello. It’s been so long.

강다니엘 Daniel K.さん(@daniel.k.here)がシェアした投稿 –

これにともない、カン・ダニエルは4日に新たなinstagramアカウントを開設。カン・ダニエルはWANNA ONEのメンバーであったユン・ジソンと、以前の所属事務所であるMMOエンターテイメントとの契約が1月31日に満了したことにともない、現在のLMエンターテイメントに移籍しています。移籍後、約1ヶ月で起こった今回の騒動。カン・ダニエルは自身のファンカフェで「僕のことを信じて、もう少し待っててください」と綴っています。

BIGBANG V.Iの件となぜ関連づけられた?

BIGBANG V.Iといえば、自身の運営するクラブでの不祥事により警察に出頭するというかなり大きな騒ぎを起こしたばかりですが、とあるメディアが「カン・ダニエルの所属事務所との葛藤の背景にはBIGBANG V.Iがいる」と、2人を関連付けた内容を報道し、それが一気に拡散します。メディアが報道した「カン・ダニエルは昨年のWANNA ONE活動途中、V.Iの紹介で香港の40代の女性と出会い、この女性がカン・ダニエルの誘致のため投資者を募っている」と内容から2人は関連付けられた模様です。

naver

ただ、これはあくまでもメディアの推測にすぎず、V.Iの不祥事とカン・ダニエルの所属事務所との紛争自体には関連があるともいえないため、本人に直接確認したわけでもない、半ば言いがかりな記事が拡散されたことに対し、ファンからは「なんでここでV.Iの名前が出る?」「ダニエルのイメージが悪くなるからやめてほしい」と、不快の声が相次いでいます。

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。