K-POP

【「バリに帰れ」という誹謗中傷に反応する】カヒ、新型コロナウイルス感染拡大の状況で子どもと外で遊んでいたことで批判?「説明すればするほど誤解される」

元AFTER SCHOOLのカヒが新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛モードになっている現在にも関わらず子どもと外で遊んでいたことに批判殺到、それに対する自身の悲痛な叫びを語っています。

⇒【7/8追記】既存の記事から追記しています。

マスクもせず子どもと遊んでいる写真を投稿し批判の対象になる

現在、新型コロナウイルス感染拡大で世界的に外出の自粛が要請されている中、instagramにマスクもせずに子どもと遊んでいることに批判を受けてしまったカヒ。これに対し、カヒは3月23日に長文で自身の心境を語りました。現在バリ在住のカヒいわく「私は少しでも子どもが楽しく遊べることを願って生きている」「人気のない時間を選んで子どもたちを遊ばせている。おかげで風邪気味だった子どもたちは元気になって、自然のパワーを感じている」などと明かしています。

원본 이미지

naver

説明すればするほど誤解を受けることに戸惑いを感じているカヒ

このように、自身の思いをinstagramに吐露するもそれが火に油を注いだ状態になってしまったカヒ。「ただの不注意だろ」「言い訳するな」といった批判を浴びてしまったカヒは改めて「私の言葉に失望した皆様ごめんなさい」と謝罪、自身の思いを説明すればするほど誤解を受けていることに「考えがまとまらない…」と戸惑いを隠せていないようです。現在、該当の投稿は削除されています。

원본 이미지

naver

【4/15追記】韓国に帰国し自宅待機中と報告も…?

現在、韓国では海外からの入国後、2週間の自宅待機が要請されていますが、カヒは4月14日のinstagramにて、韓国に帰国し2週目であることを報告(現在は削除)。カヒは4月6日に森の中で遊んでいる息子の写真を投稿したことで帰国説が流れましたが(現在は削除)、ここで所属事務所であるBONBOOENT側が「カヒは今どこにいるのか」とメディア側に尋ねられた際「バリにいます」または「帰国したかどうかは知らない」と答えたとのこと。

원본 이미지

▲naver

しかし、カヒは4月14日の時点で韓国にいることを明かしており「自宅待機14日目」と報告していることで、時期的に考えても4月6日には韓国に帰国しているということが容易に想像できるため、本人に確認もせずメディアに虚偽の情報を流した所属事務所側には「無責任な対応だ」と批判の声が集まっています。

원본 이미지

▲naver

また、カヒ本人も韓国にいるのだとすれば、自宅待機の期間に外出したことになるため、今後また別の騒動に発展するのでは?といった声もあります。

【7/8追記】アンチから「バリに帰れ」と言われ…?

そんなカヒは7月3日、instagramのストーリーにてアンチとみられるユーザーから「バリに帰れ。この時期に遊びすぎじゃないのか」と綴られたDMのスクリーンショットを掲載。「PLEASE STOP」というスタンプで不快の気持ちをあらわにしています。

원본 이미지

▲naver

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。