ジェジュン、エイプリルフールに「新型コロナウイルスに感染した」と冗談⇒韓国で署名運動⇒処罰検討から現在までの時系列まとめ|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【5月3日に『玉置浩二ショー』に出演することに】ジェジュン、エイプリルフールに「新型コロナウイルスに感染した」と冗談⇒韓国で署名運動⇒処罰検討から現在までの時系列まとめ

ジェジュンが4月1日、「新型コロナウイルスに感染した」と冗談の投稿をしたことで物議をかもしている中、韓国で「正式な処罰をしてほしい」といった署名運動まで発展するといった事態に陥っています。

「新型コロナウイルスに感染した」とSNSに投稿したジェジュン

ジェジュンは4月1日、自身のinstagramにて「新型コロナウイルスに感染しました」といった文章を投稿。これにより韓国では「韓国芸能人第1号の感染者」、日本でも前日である3月31日に『うたコン』に出演していたこともあり、NHKが速報を出すといった報道が一気になされました。

원본 이미지

naver

1回目のinstagram投稿(全和訳)

僕は新型コロナウイルスに感染しました。政府から、周りから注意喚起されていたにも関わらず、これを無視した僕の不注意です。

個人の活動が社会全体に及ぼす影響がどれだけ大きいのか、僕により感染した皆様には申し訳ない思いでいっぱいです。僕は感染しないと思っていたバカな判断が今の僕を作ってしまいました。僕は現在、とある病院に入院しています。多くの過去を回想し、感謝と申し訳ない思いが交錯しています。言いたいことがたくさんあります。皆様に会いたいです。

エイプリルフールの冗談であったことが判明

新型コロナウイルス感染が大きく報道された後、それがエイプリルフールの冗談であること明かしたジェジュン。韓国の所属事務所であるC-JeSエンターテイメントも「事実確認中」とひどく混乱する事態に発展しましたが、その後日本の公式サイトにて「感染の事実はない」と正式な発表がありました。ジェジュンは上記のinstagramのコメントを書き換える形で、「周りに新型コロナウイルスの恐ろしさを知ってもらうために嘘をついた」といった文章を掲載しましたが、これが見事な炎上騒ぎとなることに。

원본 이미지

naver

2回目のinstagram投稿(全和訳)

周りにいる愛する、大切な人が新型コロナウイルスに感染したら?胸が痛いです。

それにも関わらず僕は知らない、僕は感染しない、といった無防備状態で生活している人達により、僕の家族、知人たちも感染するのではないか、という心配。

僕自身と周りは安全だろう、という勘違いが迷惑をかけることだってあります。

現在、僕の知人、関係者たちの間でも新型コロナウイルス感染者が増えています。決して他人事ではありません。

不注意による悲しい予感が現実になった時、涙を拭って終わる出来事ではないでしょう。

現時点での警戒心を悟ってください。

エイプリルフールの冗談が過ぎたかもしれませんが、短い時間で多くの方々が心配して下さいました。

この文章は絶対にエイプリルフールの冗談ではないと思っています。

僕の家族が、僕の友達が感染し、死に目に遭っています…絶対!!!他人事ではありません。

僕を守ることが大切な人達を守ることだと伝えたいです。

この文章をもって全ての処罰を受けます。

皆様が健康でいられますように。

ラジオ出演がキャンセルに⇒3度目のinstagram投稿で謝罪

一向に批判がやまない影響のためか、4月1日に出演予定であった『古家正亨のPOP★A』の出演がキャンセルに。さらにジェジュンはinstagramの文章をまたもや書き換え、今回の件を謝罪しています。

3回目のinstagram投稿(全和訳)

やってはいけないことだと僕自身も認識しています。

まず、僕がSNSに書いた文章により、新型コロナウイルスにより被害を受けた方、行政の業務に支障をきたしてしまった皆様に心から謝罪します。

正しくない行動。

分かっています。

現在、収束することのない新型コロナウイルスによる被害を最小化するべく警戒心を持ってほしいという想いでメッセージを伝えたかったです。

春が訪れ、暖かくなった季節のレジャー活動、新学期が延期になり余裕ができ、密閉された空間での接触などで第2、第3の新型コロナウイルスのパニックを生み出すかもしれないと思うと怖かったです。

僕の父も数日前、肺がんの手術を受け通院していました。

そこで医療関係者、患者たちを見て何だか煮え切らない感情になり、新型コロナウイルスが他人事ではないと思いました。

そこで、新型コロナウイルスを乗り越えようと努力する方とは異なり、普段着にマスクもしないで屋外で余暇を楽しむ方が多いという話を聞き、警戒心が必要だと思いました。

多くのメディアとインターネットでも小さくも大きい注意喚起をしている中、これを聞かない人達に何としてでも現時点のリスクを伝えたかったです。「どうか耳を傾けてください。お願いだから。感染しないでほしい」。

僕の周りでも感染者が出ています。

決して他人事ではないことを確信し、恐ろしさを感じました。

人を失ってから反省しては遅いです。

今の状況にやりきれない思いがあったとしても今よりももっと…もう少し努力し、この辛い時期をともに乗り越えたいです。

今日書いた文章…やりすぎだったと思いますが、やりすぎなくらいの関心を持って下さるほどの方法が多くの皆様に傷を与え、非難を受けています。

僕の文章により、新型コロナウイルスのため尽力して下さる政府機関や医療関係者、そして政府の指針により一生懸命克服しようとしている多くの皆様を傷つけたことを心からお詫びいたします。

韓国で「ジェジュンを処罰すべきだ」という署名運動が起こる⇒政府が「処罰は難しい」と発表

このような騒動に韓国内では怒りがおさまることがなく、4月1日に大統領官邸である青瓦台(チョンワデ)にジェジュンについて「エイプリルフールの冗談について処罰してほしい」という署名運動が起こりました。

원본 이미지

naver

その後、韓国の中央防疫対策本部はジェジュンの処罰について「検討する」としていましたが、4月2日に政府側は「ジェジュンの今回の行為は感染病予防法違反には当たらない」と判断し、処罰は難しいことを正式に発表しました。また「SNSの取り扱いには気を付けてほしい」と警告しています。

【4/3追記】スケジュールが続々キャンセルになっているジェジュン

このように騒動の余波はかなり大きく、スケジュールにも影響を及ぼしているジェジュン。まず、4月5日に出演予定であった『The Covers 名曲選2020』の出演が急遽キャンセルに。その後も4月3日出演予定の『ミュージックステーション 3時間SP』も諸般の事情により出演見合わせ、ラインナップから名前が削除されています。

【4/28追記】5月3日の『玉置浩二ショー』で活動再開?

このような騒動から約1ヶ月ぶりに日本の番組に出演することになったジェジュン。5月3日放送の『玉置浩二ショー』に出演することが正式に発表され、活動再開をすることになります。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。