K-POP

MV『Irresistible』(내버려둬)公開!キム・ヨングク『MONO DIARY』全曲解説

かつてJBJのメンバーとして活躍したキム・ヨングク。8月29日にアルバム『MONO DIARY』でカムバックを果たしましたので、今回はアルバム全曲解説していきます。

MV『Irresistible』(내버려둬)ティーザーを公開したキム・ヨングク

8月29日のカムバックに先立ち、MV『Irresistible』(내버려둬)ティーザーが公開されました。約1年ぶりのカムバックを果たしたキム・ヨングクに、活動を待ち望んでいたファンからの注目が集まっています。

アルバム『MONO DIARY』全曲解説

『MONO DIARY』は全5曲収録。そのうち5曲目はインストゥルメンタルであるため、4曲のみを解説していきます。

画像

Twitter

1. 秋(가을)

1曲目『秋』(가을)は、秋という季節の時だけ感じることができる特有の感性を正直に表現した楽曲です。

画像

Twitter

2. Irresistible(내버려둬)

タイトル曲『Irresistible』(내버려둬)は、すれ違ってしまった関係に対する終わりを語っていますが、本当は終わらないでほしいという感情を込めた切ない楽曲に仕上がっています。

3. Work

3曲目『Work』は、目の前に見える姿が全てではなく、周りの目と期待に合わせることなく、自分らしく生きたいといった表現が込められています。自身の夢のために一生懸命やり遂げ、誰もが同じ気持ちで生きているというメッセージです。

画像

Twitter

4. What can I say?

4曲目の『What can I say?』は、相手が別れを望んでいることを直感で気づいた男性の傷ついた心が表現されています。リズムの変化、果敢なサンプルの変化など、実験的なサウンドが印象的です。

画像

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。