MENU
『MMTG』(문명특급)のMCとして多くのアイドルを盛り上げまくっている『ジェジェ』とは一体何者なのか?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

『MMTG』(문명특급)のMCとして多くのアイドルを盛り上げまくっている『ジェジェ』とは一体何者なのか?

2020年に入りTEENTOP、U-KISS、ZE:Aなどを中心とした第2~2.5世代アイドルの楽曲が話題になるにつれ、SBSのYoutubeチャンネル『MMTG』(문명특급)のMCをつとめている『ジェジェ』が話題を呼んでいます。

SBSのインターン⇒社員として『MMTG』を制作したジェジェ

その特徴的な赤髪に中性的な魅力を放つジェジェ(本名: イ・ウンジェ)。1990年生まれの彼女は2015年に韓国の大手テレビ局であるSBSにインターンとして入社。編集者の仕事を担っていた彼女はこの時から複数のYouTubeチャンネルを運営することとなったのですが、このような地道なジェジェの姿をSBS側が大きく買ったのか、2018年には正式に社員となることに。

その後、単独で『MMTG』を制作することとなったのですが、これが好評を呼び、2020年に話題となっているTEENTOP、U-KISS、ZE:Aなどの『숨듣명』(숨어 듣는 명곡: 隠れて聴く名曲)のコーナーを広めたのもジェジェ自身。これにより、地上波の番組にも顔を出すようになります。

ジェジェの立ち位置は『芸能人50%: 一般人50%』?

ジェジェの職業はあくまでもSBS社員であるため、立ち位置としては一般人ではあるのですが、最近になり複数のメディアで活躍していることもあり、芸能人のような待遇を受けていることから、ニュースなどでは『芸般人』(연반인)と紹介されることもしばしば。

多くのアイドルが自らジェジェの元を訪ねていく?

テレビ局に携わり長いためか、芸能人と接するノウハウをよく知っている様子のジェジェ。何といっても相手の魅力を引き出す能力に長けていることから、多くのアイドルが自らジェジェの元を訪ねていくこともよくあるんだとか。ちなみに、この際のジェジェのモットーは以下の通りです。

・ゲストに結婚と恋愛に関する質問はしない。

・歌手に歌&ダンスをさせた際、相手が躊躇った場合それ以上の強要はせず、自身が該当のパフォーマンスをする。

・愛嬌を作らない。

『歌謡大戦』で『숨어 듣는 명곡』というワードを使われ不満?

そんなジェジェは12月25日に放送された年末の音楽番組『歌謡大戦』を観覧していた際、自身が考案した『숨어 듣는 명곡』というワードが登場したことで疑問を持っている様子の投稿をinstagramのストーリー機能を用いてしたのですが、「勝手に使われて不満を持っているのでは?」といったネットユーザーの反応が相次いでいます。

원본 이미지

naver

その後、ジェジェは該当の投稿を削除、その意図については結局のところ正確には不明なのですが、そんなジェジェも『歌謡大戦』でGFRIENDと楽曲『MAGO』をコラボ。足の怪我により参加できなくなったオムジの助っ人としてパフォーマンスを披露したのですが、「メンバーと並んでもあまり違和感がない」と評判です。

画像

Twitter

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。