K-POP

遂にデビューしたIZ*ONE、アルバム『COLOR*IZ』全曲解説

韓国の人気オーディション番組『プロデュース48』から抜擢された12人組ガールズグループ・IZ*ONE(アイズワン)が10月29日に遂にデビューを果たしました。そこで今回はそんなIZ*ONEの記念すべきデビューアルバム『COLOR*IZ』の収録曲を全曲解説していきます。

『COLOR*IZ』はどんなアルバム?

アルバムのタイトルである『COLOR*IZ』は、英語の『色を塗る』という意味の『Colorize』と発音を似せたものだそうです。IZ*ONEのデビューティーザーで公開されたように、メンバーそれぞれのカラーも公開されました。『COLOR*IZ』は、IZ*ONEの情熱を最も形象化できるカラーである『RED』を中心に表現し、『RED』を最も美しく情熱的に表現できる『ROSE』をコンセプトにアルバムが構成されています。デビューに向けたメンバーの大切な夢と溢れる情熱を見せてくれています。

アルバム『COLOR*IZ』収録曲

Twitter

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】カラー*アイズ(1集ミニアルバム) [ IZ*ONE ]
価格:2116円(税込、送料無料) (2019/4/9時点)

1. Beautiful Color(아름다운 색)

1曲目に収録されている『Beautiful Color』(아름다운 색)は、IZ*ONEのアイデンティティーを最もよく見せてくれているシンボルのような曲で、『I’ll show you my colors』という歌詞のように、IZ*ONEが持っているカラフルな色と魅力を披露するメンバーの綺麗な歌声と可愛らしいラップが込められています。

Twitter

2. O’ My!

『O’ My!』は、愛にどっぷりはまってしまい、慌てふためきまがらも不思議な気持ちになる、初めて人を好きになる感情をメンバー特有の可愛いらしい楽曲に仕上がっています。また、軽快なエネルギー溢れる『Teen Danceジャンル』にファンキーなギターサウンドが楽曲の雰囲気をより盛り上げてくれています。

Twitter

3. La Vie en Rose

タイトル曲である『La Vie en Rose』は、フランス語で『バラ色の人生』という意味で、IZ*ONEの情熱として『あなた』と『私』、そして皆を『バラ色の人生』にしてあげるというメッセージが込められています。記念すべきデビュー曲であるだけにIZ*ONEの情熱を描いている楽曲で、ファンに会いたいという気持ちと、その情熱がステージで輝けるパワフルで魅力的なサビが印象的です。

4. MEMORY(비밀의 시간)

4曲目の『MEMORY』(비밀의 시간)は、夢が叶うことを密かに願ってきたIZ*ONEメンバーの気持ちを表している楽曲で、お互い力になれる友情のメッセージが込められています。また、童話のような温かい感性で、お互いにマッチしているメンバーの歌声は楽曲の感性をより引き出しています。

Twitter

5. WE TOGETHER(앞으로 잘 부탁해)

『プロデュース48』デビュー評価曲として歌われた『WE TOGETHER』は、今回IZ*ONEメンバーにより再び歌い直されました。デビュー評価のステージに立った当時の練習生達の伝えたいメッセージと覚悟を込めた楽曲で、エネルギッシュな高音とファンキーな特有のリズム感が溢れる楽曲です。当時はメンバーのイ・チェヨンがセンターをつとめました。

6. 好きになっちゃうだろう?(반해버리잖아?)

日本語楽曲『好きになっちゃうだろう?』も『プロデュース48』デビュー評価曲として披露され、IZ*ONEメンバーで再録されました。デビューに向かって駆け抜ける練習生の努力と希望を応援する楽曲で、中毒性あるエレクトロニックサウンドとメンバーの個性溢れる歌声が印象的な楽曲です。『プロデュース48』はメンバーのチェ・イェナがセンターをつとめました。

7. As We Dream(꿈을 꾸는 동안)

7曲目の『As We Dream』(꿈을 꾸는 동안)は『プロデュース48』最終回にて披露された楽曲で、IZ*ONEバージョンとして歌い直されましたが、練習生全員がひとつの目標に向かって駆け抜けていった過去を回想する内容を込めたボップバラードな曲です。

8. PICK ME(내꺼야)

そして『プロデュース48』のメインテーマとなった『PICK ME』(내꺼야)ももちろん収録されています。番組放送開始当初にメンバーの宮脇咲良がセンターをつとめた楽曲で、こちらはCDのみに収録されています。メンバーのエネルギッシュな歌声が込められている楽曲です。