K-POP

IU、先行配信楽曲『Love poem』音源チャート1位席巻。楽曲紹介コメントが深すぎると話題に?

IUが11月1日に先行公開した『Love poem』が早速音源チャート1位を獲得し、話題を呼んでいます。さらに、本人の楽曲紹介コメントに対しても感動の声が寄せられているようです。

『Love poem』音源チャート1位を席巻したIU

先行配信楽曲『Love poem』が11月1日の配信後、各種音源チャートで1位を席巻しています。楽曲を発売するたびにチャートを席巻するIU。10月には親友であったソルリのために書き下ろした2013年の楽曲『桃』(복숭아)がチャート逆走をした中、今回の楽曲も期待を裏切らなかったようです。

画像

Twitter

楽曲紹介コメントが感動的?

『Love poem』が早速ヒットしている中、IU本人が書いたとされる楽曲紹介コメントが実に深く、感動的だと話題になっています。楽曲紹介コメント全文は以下の通りです。

画像

Twitter

『Love poem』紹介コメント全文

人間の利他性とは、それさえも自己中心的な土台の上にある。

愛する人がひとりで孤立していく姿を見るのはつらいことだ。

何もできず見守るしかないことがつらく、応援と慰めの言葉をかけるのが相手のためであると勘違いしたりもした。

私はいまだ誰かがつらい思いをしている姿を見れば耐えられなくなってしまう。

それでもこれからは私のそんな行動が、相手のための配慮や慰めではない、その人の平穏な日常を見たいという、私の強い願いであることに気づいた。

遠慮なくお願いする側なので、必要最小限なことだけ願うことにする。この詩を聞いてほしい。そして休んでほしい。

誰かの人生を一生背負える人はいない。でも方向が合っていれば、いくらでも一緒に歩くことができる。また、私の持ち前の歌で、愛する人にいくらでも歌ってあげられる。

私が音楽活動をしながら、世界から受けた多くの詩のように、私も心のこもった詩を書き続ける。

そうやってお互いの詩を交わし合い、大きくも小さい休息をとりながら、生きていってほしい。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。