K-POP

メインボーカルとしての魅力満載?INFINITEウヒョン『A NEW JOURNEY』全曲解説

INFINITEウヒョンが5月7日にソロアルバム『A NEW JOURNEY』を発売しました。8ヶ月ぶりのソロアルバムはどんな魅力が隠されているでしょうか?今回はアルバム全曲を解説していきます。

『A NEW JOURNEY』はどんなアルバム?

前作『Second Write..』から8ヶ月ぶりに発売した今回の『A NEW JOURNEY』。INFINITEでメインボーカルを担当するウヒョンは、今まではソロでバラード曲を中心に発売してきましたが、今回はアルバムのタイトルからも分かる通り、新たな挑戦を試みた作品です。楽曲を聴くと「さすがウヒョンだ」と感嘆せずにはいられません。

Twitter

アルバム『A NEW JOURNEY』全曲解説

Twitter

1. A New Journey

1曲目の『A New Journey』はイントロ曲で、アルバムを聴くのに最大限のファンタジー要素を引き出しています。

2. Hold On Me (Feat. Junoflo)

タイトル曲『Hold On Me』は、ポップなメロディーに、アコースティック、エレクトロニック、ハウスなどのジャンルがうまく融合されており、今回コラボを果たしたJunofloのラップと、ウヒョンの爽やかなボーカルが印象的な楽曲です。

3. Rain

3曲目の『Rain』は、感覚的なイントロギターをはじめとし、痛みと混沌の中で心の傷を克服し、内面の成熟さを増していくアイデンティティを表現した歌詞の調和を聴くことができます。

Twitter

4. Stranger

『Stranger』は、ギターとベースのリズムが作り出すグルーヴが特徴的で、ウヒョンの歌唱力が加わり、ウヒョンの男らしい魅力を惜しみなく発揮してくれている楽曲です。

Twitter

5. Crying Baby

『Crying Baby』は、人生の重さに孤独を感じている人達への癒しのメッセージが込められています。ミニマルなイントロとは対照的に、サビではファンタジー要素でありながらスケールの大きい世界観を感じることができます。

Twitter

6. Just Look At Me(넌 나만 바라봐)

ウヒョンは6曲目の『Just Look At Me』(넌 나만 바라봐)を通じ、今まで見せることの無かったセクシーな雰囲気を大いに出しています。楽曲にあたたかさを出すため、全体的にボーカルの力を抜き、呼吸で緩やかさを調節したそうです。

Twitter

7. Flower

『Flower』は、いつもファンに向けた愛のセレナーデをプレゼントしてきたウヒョンの告白ソングです。愛する人を一輪の花にたとえた歌詞と、ウヒョンのロマンティックな声が耳に残る楽曲です。

Twitter

このように、タイトル曲の『Hold On Me』をはじめ、3曲目の『Rain』、4曲目の『Stranger』、7曲目の『Flower』はウヒョンの自作曲であるだけに、ウヒョン本人にとってかなり意味のあるアルバムに仕上がっています。そんなウヒョンの歌声に是非癒されてみませんか?

Twitter