K-POP

【拘束令状が棄却されました】フィソン、プロポフォール違法投与疑惑で警察から事情聴取。2019年に続き2度目の騒動。

2019年にタレントのエイミーが、7年前に友人であるフィソンとともにプロポフォールを違法投与、そして性的暴行の計画をされたと突如暴露した件に続き、2020年に入りフィソンが2度目の違法投与疑惑が浮上しました。

⇒【2020/03/26追記】2019年4月の記事から追記しています。

フィソンがプロポフォール違法投与&性的暴行の計画まで?

エイミーは、4月16日に投稿したinstagramにて「私には親友がいました」「私が間違いを犯し、警察に行くことになりました」と意味深な投稿をしました。エイミーはプロポフォール違法投与の疑いで警察で調査を受けることになりましたが、その際に「『誰とプロポフォールをやったのか?』という質問については答えませんでした」と明かしています。

naver

さらに「私が警察で事情聴取を受けるということを知った親友が『エイミーが警察で僕の名前を出すかもしれないから、その前にエイミーを襲って写真、動画を撮って名前を出させないようにしよう』と知人に話していたことを聞いて衝撃でした」と主張しました。ここで、以前にエイミーが番組でフィソンを親友として挙げていたこと、フィソンの軍服務期間とエイミーの警察での調査期間が一致していたことからフィソンの名前が浮上。今回の騒動につながりました。

フィソンは事実を否定もコンサートが中止に

騒動が大きくなるにつれ、フィソンは後に自身の立場を明らかにしました。フィソンいわく「事実無根です」と全面否定。しかし、5月4~5日に行われる予定であった歌手のK.Willとの合同コンサートが中止になるといった事態が起き、疑問を隠せないようです。

naver

2人の通話記録が公開される

フィソンは4月19日の自身のinstagramにて「エイミーはメディアを通じ謝罪すると僕に話しました」と明かし、その証拠としてYoutubeを通じ、エイミーとの通話記録を公開しました。通話記録は4月17日にエイミーからかかってきたものです。通話記録の内容として、エイミーは「今日のあんたの話を聞いてたら私がゴミみたいに思えて」と今にも泣きそうな声で話しており「私が間違いだった、ちゃんと謝るから」と謝罪しています。

naver

⇒【2020/04/01追記】しかし、エイミーは2020年に入り、該当の通話記録が一部編集されていることを暴露。フィソンがかつてエイミーに言ったとされる「文章を座駆除してくれないか」「違うと言ってほしい」「助けて」と訴えていた内容は削除されていたとのことですが、エイミーもかつては麻薬により処罰を受けた立場であったため、これに関しては目をつぶったとしています。

【2020/03/26追記】2度目のプロポフォール違法投与疑惑が浮上したフィソン

2020年に入り、フィソンに2度目のプロポフォール違法投与疑惑が浮上、警察から事情聴取を受けていることが明らかになりました。警察関係者いわく「最近、麻薬業者を検挙し、捜査の過程でフィソンがプロポフォールを大量投与していたという陳述、物的証拠を得た」としています。これにより、警察は間もなくフィソンに拘束令状を請求するとしています。

원본 이미지

naver

【2020/04/02追記】公共トイレで倒れているのが発見される

このように、2020年に入っても騒動がやまないフィソン。3月31日の20時30分ごろ、ソウル・松坡(ソンパ)区の公共トイレで倒れているのが発見されました。フィソンは発見当時、複数の注射器、液体が入っている瓶、ビニール袋などが見つかっており、目撃者の通報で警察が出動することに。

원본 이미지

naver

警察は倒れていた男性がフィソンであると分かった後、麻薬類投与の可否について把握するべく署に連れて行きましたが、フィソンは尿検査の結果陰性。投薬された液体は睡眠導入剤であることが分かり、フィソンを自宅に帰したとのこと。今後も捜査を進めていくとのことですが、これに関連し、フィソン側はマスコミの取材には応じていないとのことです。

【2020/04/03追記】薬物取引の瞬間が防犯カメラに捉えられる

さらに4月2日に放送されたニュースにて、フィソンがとある男性と薬物の取引をしている瞬間とみられる映像を公開。防犯カメラの映像はトイレで倒れる前直前に取引がなされたもののようで、フィソンが売人から購入したとみられる睡眠導入剤は医師の処方箋が無いと購入ができない全身麻酔剤とのことです。

원본 이미지

naver

【2020/04/04追記】2日後にまたもや倒れているのが発見される

フィソンは1回目に倒れたその2日後(4/2)、今度はホテルのトイレで倒れているのが見つかりました。今回も睡眠導入剤を投薬したことによる失神であることから再び警察から事情聴取を受けた後自宅に帰されたといいます。これにより所属事務所であるREALSLOW COMPANYは公式立場を発表することに。

원본 이미지

naver

所属事務所いわく「フィソンはここ数年で該当の事件だけではなく、父親、知人の立て続けのの急逝でつらい思いをしていた」とし「(1回目に)トイレで倒れた当日、フィソンは自宅を出たまま家族と連絡を絶っていた」「自宅に帰された後もうつ病、おパニック障害などの症状があり、現在は入院している」とのこと。「いかなる理由であってもお見苦しい姿を見せてしまい大変申し訳ございません」と謝罪しています。

【2020/04/07追記】拘束令状が棄却されたフィソン

上記のフィソンの薬物取引に関わった男性が薬事法違反により4月3日に緊急逮捕された中、フィソンにも拘束令状が請求されていました。しかし、4月7日に裁判所がこれを棄却。「証拠隠滅および逃走の心配はない」と判断したそうです。これにより、警察は捜査を続行、拘束令状の再申請の可否を決めるとのことです。

원본 이미지

naver

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。