H&M、adidasなどがウイグル族の人権問題を理由に「この地区の綿花を買わない」と発表⇒f(x)ビクトリア、GOT7ジャクソンなど続々と契約を解除することに|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【宇宙少女ソンソ&ソニ&ミギも支持?】H&M、adidasなどがウイグルの少数民族に対する人権問題を理由に「この地区の綿花を買わない」と発表⇒f(x)ビクトリア、GOT7ジャクソンなど続々と契約を解除することに

欧米のアパレルブランドであるH&M、adidasなどがウイグル族をはじめとした少数民族に対する人権問題を理由に「この地区の綿花を買わない」と発表したことで、f(x)ビクトリア、GOT7ジャクソンなどが続々と契約解除をしたことが明らかになりました。

欧米のアパレルブランドが続々と「ウイグル地区の綿花を買わない」と発表

H&M、adidas、ナイキなどのブランドが最近、新疆(シンチャン)ウイグル自治区にてウイグル族をはじめとした少数民族に対する強制労働、宗教差別を理由に「この地区の綿花を買わない」と発表。これが中国で大きな反感を買うことに。

dispatch

中華圏出身のK-POPアイドルが続々と反発に乗り出す

この関係から、中国では該当のブランドの不買運動が行われている一方、H&Mと契約していたf(x)ビクトリア、またadidasと契約していたGOT7ジャクソンが「国家の利益を守るべき」とし、続々と契約解除を発表。また、EVERGLOWのイロン、宇宙少女のソンソ&ソニ&ミギも「新疆の綿花を支持する」とSNSにて投稿をしています。

f(x)ビクトリア

insight

GOT7ジャクソン

dispatch

EVERGLOWイロン

insight

宇宙少女ソンソ&ソニ&ミギ

insight

insight

insight

また、韓国の新世界免税店にて2年ぶりにジャクソンを広告モデルに起用していたのですが、この影響のせいか、現在は公式instagramからジャクソンの写真が削除されています。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。