芸能人が多く通う翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校が存続危機?新入生募集中止に受験生から署名運動が起こる|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【『学生と教職員を助けてほしい』という投書が寄せられる】芸能人が多く通う翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校が存続危機?新入生募集中止に受験生から署名運動が起こる

芸能系の高校として知られている翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校が2020年7月1日に突然、2021年の新入生の募集の中止を発表したことで多くの受験生が戸惑いを隠せないようです。

⇒2020年の記事から随時追記しています。

翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校が存続危機?

翰林芸校側は7月1日に突如「2021年新入生募集中止のお知らせ」というタイトルでホームページを更新。2月に設立者である校長の逝去により地位の承継ができなくなったことで新入生を募集できなくなったと明かしています。これにより翰林芸校は2023年2月まで運営されることとなります。

원본 이미지

naver

ちなみに、翰林芸校は2017年にも似たような出来事が起こっており、願書受付の2週間前に新入生の募集を急遽中断したことがあります。当時この騒動が大きくなったことで、ソウル市教育庁との議論の末、募集が再開されました。

新入生募集中止に受験生から署名運動が起こる

当然ながら受験生側はこれに納得がいかず、大統領官邸である青瓦台(チョンワデ)に『翰林芸校の受験生の悔しさを何とかしてほしい』といった国民請願を投稿し、現在署名運動が行われている最中です。韓国の教育熱というのはいまだ凄まじく、受験生は現在猛勉強中。翰林芸校に入学したくて入試の準備をしていた受験生にとってはたまったものではないでしょう。

원본 이미지

naver

【2021/04/06追記】『学生と教職員を助けてほしい』という投書が寄せられる

これにより現在、翰林芸校は2~3年生のみ在学しているようですが、どうやら学校側の予算の関係で、学生だけではなく教職員も2021年の1月末から無給での求職または解雇となるなど被害を受けている様子。このようなことから、3月19日に教職員のひとりとみられる人物が『学生と教職員を助けてほしい』という国民請願を投稿することに。

insight

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。