元Girl’s Dayジイン(チャン・ヘリ)、生活苦でグループ脱退したことを初告白「コシウォンで生活して一生懸命アルバイトしていた」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

元Girl’s Dayジイン(チャン・ヘリ)、生活苦でグループ脱退したことを初告白「コシウォンで生活して一生懸命アルバイトしていた」

Girl’s Dayの初期メンバーであったジインが、2010年のデビュー直後に脱退した理由が生活苦であったことを明かし、トロット歌手に転身する現在までを語っています。

生活苦でグループ脱退したことを告白したジイン

2010年にソジン、ジヘ、ジソン、ジイン、ミナの5人でデビューしたGirl’s Day。しかし、デビューからわずか2ヶ月でジソンとともに脱退することとなったジインですが、その理由について生活苦にあったことを告白。「今すぐにでもお金が必要で、環境に耐えられなかった」としています。

脱退後は多くのアルバイトをしたというジイン。住居もコシウォン(考試院: 元は受験生が勉強漬けのために使用していた簡易施設)での生活だったとのことですが、本来であれば別のガールズグループとしてデビューする予定だったそうです。しかし、とある日事務所でボーイズグループをゴリ推しし始めたことでデビューが白紙になったとのこと。

チャン・ヘリとしてトロット歌手としての道を歩むことに

また、「最後まで諦めなかった今のメンバーがすごい」と、Girl’s Dayの4人について称賛しているジインですが、これにはデビュー当時のコンセプトを知っているファンも「辞めたいと思うのが普通じゃないか」と思わず同情してしまう部分もあるようです。

現在は芸名をチャン・ヘリと改名しトロット歌手としての道を歩み始めているジイン。グループ脱退から10年以上経っている現在、今までの紆余曲折が無駄ではなかったことを強く語るジインです。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。