K-POP

例のTシャツ騒動で日本の音楽番組出演見送りの防弾少年団に対する海外メディアの反応

例の『原爆Tシャツ』着用で年内の日本の音楽番組の出演が続々と見送られた防弾少年団。今やグローバルに知名度の高い彼らのこのようなニュースは海外メディアでも様々な反応を示しています。ここでいう『海外メディア』は、ビルボード・CNN・BBCの3社をさしますが、この3社が今回の騒動についてどう分析しているかを取り上げていきます。

『ミュージックステーション』出演見送りから事態が大きくなった『原爆Tシャツ』騒動

メンバーのジミンが過去に『原爆Tシャツ』を着用していたことが発覚したことがネット上で大きく拡散され、11月9日に出演予定だった『ミュージックステーション』出演が見送りになったことから事態はより深刻になりました。それ以降、日本の全ての音楽番組のオファーが取りやめになり、年末の『紅白歌合戦』出演も見送りに。「日本をバカにしている」と怒りの声が圧倒的な今回の騒動ですが、あまりの波紋の大きさに世界的に注目を集めている騒動でもあります。

kookje

海外メディアの反応は?

instagram

ビルボード「番組出演見送りの理由はTシャツの件だけではない」

ビルボードはこの騒動について「日韓の冷戦状態は政治的、文化的な要素が根付いている」とし、そのため「今回の番組出演見送りはTシャツ騒動だけが理由なのか?」という疑問を強調しています。

naver

CNN「日本と韓国は第2次世界大戦の資源に敏感だ」

アメリカのテレビ局であるCNNもこの騒動について大々的に取り上げ「日本と韓国は特に第2次世界大戦の資源に敏感」とし「1910~1945年の植民地支配による韓国人の苦痛が両国の関係に影響を与え続けている」と報道しました。

naver

BBC「原爆Tシャツを通じ光復節を祝っているのでは」

また、イギリスのテレビ局であるBBCは「原爆Tシャツに光復節の意図がある」とし「植民地下にあった韓国が、結果的に独立するきっかけとなった原子爆弾を祝っているように見える」と報道しています。また、それだけではなく最近起こった徴用工訴訟の件にも言及し、日本と韓国の関係がより緊迫していることも紹介しています。

instagram


このように、今回の『ミュージックステーション』出演見送りから始まり、他のテレビ局にも飛び火し、年末の日本での番組出演は絶望的となった防弾少年団。今回はビルボード・CNN・BBCのメディアの反応について紹介していきましたが、番組出演見送りの理由が日本と韓国の歴史的関係が少なくとも根底にあることを指摘しているのが共通点だということが分かりました。あまりにも余波が大きい今回の『原爆Tシャツ騒動』ですが、今後も彼らの動向が注目されることでしょう。

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。