MENU
【起訴猶予処分となりました】エディ・キム、チョン・ジュニョンの件に関与で立件。SUPER JUNIORカンイン&2AMジヌンはシロだった?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【起訴猶予処分となりました】エディ・キム、チョン・ジュニョンの件に関与で立件。SUPER JUNIORカンイン&2AMジヌンはシロだった?

オーディション番組『SUPER STAR K』出身者である歌手のエディ・キムが、チョン・ジュニョンの例のグループトークのメンバーの1人ということが分かり、警察から事情聴取を受けることになりました。また、同じく疑いがあったSUPER JUNIORカンイン&2AMジヌンは「調査する予定はない」と警察側が明かしています。

エディ・キムも例のグループトークのメンバーだった?

エディ・キムは4月4日に、一足先に疑惑に上がったロイ・キムとともに立件されたことが分かりました。2人は不適切動画ではなく、例のグループトークに写真を投稿したとして警察から事情聴取を受けることに。エディ・キムはすでに調査が終わっており、ロイ・キムは学業のために現在アメリカにいるため、日時の調整中とのことです。

naver

エディ・キムの所属事務所が謝罪

これに対し、エディ・キムの所属事務所であるMYSTIC STORYは謝罪文を掲載。「エディ・キムは不適切な動画を上げていないことが分かりましたが、扇情的な写真を1枚投稿したことが判明し、調査を受けました」「エディ・キムは事態の深刻性を重く受け止め反省しています」「ご迷惑、ご心配をおかけいたしまして誠に申し訳ありません」と綴っています。

naver

SUPER JUNIORカンイン&2AMジヌンはシロ?

また、例のグループトークにはSUPER JUNIORカンイン&2AMジヌンもいたと報道されていましたが、2人に関しては警察側が「調査の予定はない」と明らかにしています。

nbntv

SUPER JUNIORカンイン&2AMジヌン、そしてモデルのイ・チョルは、2016年にチョン・ジュニョンとバラエティ番組『ヒットメーカー』で共演したことがあります。そのため、その際に出演者同士で使われていたグループトークが存在していたことで、それが例の不適切動画を共有するためのグループトークだという間違った情報が伝わってしまったようです。

naver

現に『ヒットメーカー』出演者同士のグループトークが番組放送終了後に削除されているようです。この騒動に関してはカンインも一貫して否定しています。例のグループトークの参加者である16人中、13人が調査対象で、7人が立件対象ということですが、参考人調査の結果により拡大する可能性もあるとのことです。

2014年の楽曲のタイトルを『女の使用法』と決めるも先輩歌手に止められる

エディ・キムは2014年に発売された『君の使用法』発売当時「元のタイトルは『女の使用法』だった」と明かしていたことがあります。しかし、このタイトルを見た所属事務所の社長で歌手のユン・ジョンシンが「歌はとてもいいけどタイトルのせいで18禁とみなされると思う」と止めたようで、タイトル変更をしたということが、今回の騒動の件もあり話題になっています。また、この件が明るみになり、ネット上ではかなりのツッコミが入りました。やはり気分を悪くしているネットユーザーが多く、かなり冷たい声が寄せられています。

 

ネット上の書き込み

・人気も中途半端だから人柄も中途半端

・そもそも『君の使用法』自体もタイトルがちょっとアレだよね

・お前の目には何が見えてるんだ?

・エディ・キム+ロイ・キム=エ〇・キム

・女がいなければ生きられない奴

・女を物として考えてるのか?

・所属事務所はなぜこんなゴミ野郎を契約解除しないのか?

・よく聴いたら歌詞もちょっとおかしいよね

『君の使用法』音源ページに謎の書き込みがされる

韓国の音源サイト『Melon』でのエディ・キム『君の使用法』ページにて、2016年にとあるネットユーザーから謎の書き込みがされていたことが判明します。そこには「こいつ、クラブも出禁にして、チョン・ジュニョンとの付き合いもやめないと、このようなアルバムがまた出てしまう」という書き込みが。このネットユーザーは、今回の件が明るみになる前からエディ・キムの『黒い交際』を知っていたことになります。これにはネット上も「ゾッとする…」とザワついています。

naver

チョン・ジュニョン関連コメントに「聖地巡礼に来ました」?

該当のコメントに関しては誰が書き込みをしたのか明らかにはなっていません。しかし、ネット上ではそのコメントに対し、相次いで「聖地巡礼に来ました」(성지순례 왔습니다)といったコメントが殺到します。どうやらこれは韓国のインターネット用語のようで、ネット上で話題になった投稿を「聖地」とし、そこに集まり短いコメントを残していく、といったことをするそうです。さらに、その後にはお願いごとを書くことも当たり前となっているようで「ロト1等当たりますように」「成功したいです」「オーディションに受かりたいです」といった書き込みも見られます。

naver

【2020/3/7追記】起訴猶予処分となったエディ・キム

そんなエディ・キムは2020年に入り、上記の件で最終的に起訴猶予処分を受けたことが所属事務所により明かされました。先日同じく起訴猶予処分を受けたロイ・キム同様、問題となった例のグループトークはまた別のトークルームにいたことから起訴を免れた模様です。

원본 이미지

naver

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。