K-POP

12月17日にSHINeeジョンヒョンの追悼芸術祭開催。その詳細は?

2017年12月18日、突然この世を去ったSHINeeジョンヒョン。あれから約1年経った現在も変わらずラブコールが送られるジョンヒョンですが、彼の命日の前日にあたる12月17日にSMTOWNシアターにて追悼芸術祭が行われるということなので、その詳細について紹介していきます。

SHINeeジョンヒョン追悼芸術祭開催

12月17日に行われるSHINeeジョンヒョンの追悼芸術祭は財団法人『ピチナ』(빛이나)主催のもと行われるようです。主催側によると、11月からポスターデザインやジョンヒョンの生前の映像編集など、ファンにコンテンツを募集し、カテゴリ別に最終決定した作品のみ公開されます。また、今回の追悼芸術祭は無料で行われ、応募したファンの中から150人限定で招待券が配られるとのことです。

naver

財団法人『ピチナ』とはどんな団体?

そもそも財団法人『ピチナ』とはどのような団体なのでしょうか?財団法人『ピチナ』は9月にジョンヒョンの実母が設立した非営利団体で、団体名である『ピチナ』はジョンヒョンの遺作として発売されたアルバム『Poet|Artist』のタイトル曲から取ったと推測されます。

活動内容は、ジョンヒョンと同じように文化人としての道を歩こうとしている若者の手助けをすべく様々な活動を繰り広げていくそうですが、現在『ピチナ』ではアルバム『Poet|Artist』の共同購買を行っているそうです。アルバムは1月末の発売以降、在庫を作っていないそうですが、ファンの積極的な購買意志により数量限定で再発売されています。『ピチナ』での収益金は全て財団における活動で使用されるとのことです。