K-POP

約1年2ヶ月ぶりのカムバックを果たしたK.Will、シンガーソングライターとしての顔は?

デビュー12年目の『バラードの帝王』K.Will。前作から約1年2ヶ月ぶりのカムバックを果たしましたが、その甘い感性的な歌声を愛する日本のファンも多いはずです。今回のアルバム『The 4th Album Part.2 [想像; Mood Indigo]』のタイトル曲である『Those Days』(그땐 그댄)はK.Willの自作曲として発売されました。今回の作品を通じ、K.Willはどのような思いでシンガーソングライターとしての顔を見せたのでしょうか?

どんな思いで自作曲『Those Days』を制作した?

K.Willは今回、タイトル曲で初の自作曲を発売したわけですが、シンガーソングライターとしての顔を見せるのは意外にも(?)緊張したようで「すごく負担に思った」そうです。本人いわく「以前よりも自身のことをもっと見せただけです」と謙遜しているようです。というのも、K.Willは2012年に発表した楽曲『I’ll Be With You』(네 곁에)にて一度自作曲に挑戦しているのですが、その際にファンの反応が物凄く怖かったようで、1人でレコーディングをしたと語っています。そんなK.Willにとってタイトル曲の制作は非常に勇気のある挑戦でした。

デビュー12年目のK.Willが歌手として思うこと

2007年にデビューしたK.Willは今年デビュー12年目で、歌手としてのキャリアはもはやベテランの域を達しているのですが、それでもK.Willは努力を怠ることはありません。K.Willいわく「歌手としてたくさん悩んだ時期」とし「僕の音楽が歴史に残るのであれば、とことん自分の道に突き進まなければならないのに、それができていない気がする」と若干のスランプに陥っていたことを明かしています。

naver


ミュージカル俳優としても活躍するK.Will

近年はその歌唱力を生かし、ミュージカルの場へも活躍を広げているK.Willですが、今までシンガーソングライターとしての顔をあまり見せることはなかったK.Willが今回自作曲を制作するきっかけとなったのがまさにミュージカルのおかげだと話しています。声楽家やミュージカルの専門家と話す機会が多くなったのをきっかけに、シンガーソングライターとしての考えが変わったようで、次のステップのためにも、今回のアルバムは大きな意味があると語っています。

naver

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。