防弾少年団、アメリカでの発砲事件に関連し人種差別反対を訴える「僕たちも差別を受けたことがある」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

防弾少年団、アメリカでの発砲事件に関連し人種差別反対を訴える「僕たちも差別を受けたことがある」

防弾少年団が3月16日(現地時間)、アメリカで起こった発砲事件に関連し、人種差別反対を訴えかけることとなりました。

『#StopAsianHate』『#StopAAPIHate』タグがSNS上で拡散される

3月16日にアトランタのスパで立て続けに発砲事件が起こり、アジア系の女性を含む8人が亡くなったことで、現地では人種差別を反対する運動が行われている中、SNS上でも『#StopAsianHate』『#StopAAPIHate』といったハッシュタグが続々と拡散され、防弾少年団も人種差別反対を訴えることに。

원본 이미지

naver

「僕たちも差別を受けたことがある」と訴えかけている防弾少年団

防弾少年団は3月30日の公式SNSにて「僕たちも差別を受けたことがある」と訴えかけており、人種差別反対を強く呼びかけています。

防弾少年団の公式SNS全文

愛する家族を亡くした方々に哀悼の意をお伝えします。そして、悲しみとともに怒りを覚えます。僕たちもまた、アジア人という理由で差別を受けたことがあります。街を歩いていると、突然何の理由もなく悪口を言われたり、見た目を卑下されたことがありました。さらに「アジア人がなんで英語を話すんだ」とまで言われたことがあります。

僕達の経験は、今回の件に比べたら小さなことでしょう。しかし、その時に経験した出来事は僕たちを萎縮させ、プライドを傷つけられた思いでした。

人種が違うという理由で憎悪と暴力の対象になるというのは、僕たちも言葉にできないくらいの苦痛です。今起こっていることは、僕たちもアジア人として決して切り離せない問題です。

これをどのようにして伝えるのに多くの悩みがありました。しかし、僕たちもこれを伝えなければならないと思います。

僕達は人種差別に反対します。

僕達は暴力に反対します。

僕達みんなは尊重される権利があります。ともに生きましょう。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。