防弾少年団、8月21日にデジタルシングル『Dynamite』MV公開もパート分けに偏りがありすぎてファンが不満?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【『BE』タイトル曲『Life Goes On』公開!】防弾少年団、8月21日にデジタルシングル『Dynamite』MV公開もパート分けに偏りがありすぎてファンが不満?

8月21日に初の英語楽曲であるデジタルシングル『Dynamite』を発売した防弾少年団。関連コンテンツ続々公開でファンの期待が大きな高まりを見せています。

⇒既存の記事から随時追記しています。

デジタルシングル『Dynamite』関連コンテンツ続々公開中!

8月21日にデジタルシングル『Dynamite』を発売の防弾少年団。デビュー以来初の英語の楽曲となりましたが、MVやコンセプトフォトなどの関連コンテンツが続々公開されました。

集合

画像

Twitter

画像

Twitter

RM

画像

Twitter

ジン

画像

Twitter

SUGA

画像

Twitter

J-HOPE

画像

Twitter

ジミン

画像

Twitter

V

画像

Twitter

ジョングク

画像

Twitter

【8/22追記】MV公開もパート分けに偏りがありすぎるとファンが不満?

このように、『Dynamite』MVが公開されたものの、一部のファンはなんだか不満を覚えている様子。というのも、メンバーのパート分けにあまりにも偏りがありすぎると話題で、ジョングク⇒ジミン⇒V⇒ジン⇒RM⇒SUGA⇒J-HOPEの順番でパートの分量が割り振られているようですが、ジョングクとJ-HOPEのパートは約9倍もの差があるといわれています。

▲Facebook

▲Facebook

さらには個人カットのシーンもジンの部分だけ集合での振り付けシーンとなっていることに関してもファンは気に入らないようですが、防弾少年団の映像といえば2019年の『MAMA』のVCRにてジンのシーンが、さらには日本のオンラインショーケースでもJ-HOPEのシーンが抜けているといったミスが発覚したことがあります。

▲Facebook

▲Facebook

【9/28~追記】11月20日にアルバム『BE』でカムバック!

また、防弾少年団は8月21日に行われた『Dynamite』オンライン記者会見にて、下半期に発売予定のアルバムについて言及。現在一生懸命準備中とのことで、ファンの期待がより高まっています。そんな防弾少年団は9月28日、アルバム『BE』で11月20日にカムバックすることを正式に明らかにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 BTS / BE (Deluxe Edition) 【CD】
価格:4453円(税込、送料無料) (2020/11/20時点)

集合

画像

Twitter

RM

画像

Twitter

画像

Twitter

ジン

画像

Twitter

画像

Twitter

SUGA

画像

Twitter

画像

Twitter

J-HOPE

画像

Twitter

画像

Twitter

ジミン

画像

Twitter

画像

Twitter

V

画像

Twitter

画像

Twitter

ジョングク

画像

Twitter

画像

Twitter

【11/7追記】SUGAが肩の手術により『BE』カムバックには参加しない?

このように、カムバックを控えている防弾少年団ですが、その矢先にSUGAがかねてから肩の調子が悪かったことで11月3日に手術、6日に退院したことがBighit側により報告されることに。デビュー前である2012年に事故に遭ったことでいまだ後遺症が残っていたとのこと。おそらくこれはSUGAが宅配ドライバーのアルバイトをしていた際に転倒した時のことだと思われますが、現在は回復の時期ということで『BE』のほとんどの活動には参加しないことがBighit側が事前に明らかにしています。

画像

Twitter

Bighit側の公式立場

こんにちは。

Bighitエンターテイメントです。

防弾少年団のメンバーであるSUGAに関しお伝えしたいことがあります。

SUGAは11月3日、損傷した左肩の関節を縫合する手術を受けました。過去8年間、持続的に手術を受けていたのですが、無事に成功し、現在は十分な回復の時間が必要という専門医の診断により、休息を取っている状態です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、SUGAは長い間肩の不調を訴えていました。SUGAの肩の以上はデビュー前の後遺症が原因で、2012年に事故に遭い、2013年に上腕骨脱臼の診断を受けました。それ以降も肩の痛みが治らず、2019年に専門医から左肩の関節周りの軟骨が剥がれる『後方関節唇損傷』と診断され、それからは活動に支障をきたさないよう多くの治療を受けてきました。

SUGAは腕を高く上げられず、また、突然痛みを訴えるなど、多くの症状に苦しめられたのですが、活動期間内に各種治療、またリハビリに励んできたものの、残念ながら好転することはありませんでした。特に最近はその症状が頻繁に起こったことで、ステージだけではなく、日常生活にも支障をきたすほどでした。

また、SUGA本人が兵役の義務があること、またそれ以降の歌手としての活動のためにも、健康な状態を取り戻すことが重要であると判断し、当社は悩みに悩んだ末、手術を決めました。

今回の手術により、SUGAは当分の間、一部のスケジュールを除外した公式活動には参加せず、回復に専念します。手術の部位が回復したと判断された後、リハビリ治療を経たうえで健康な姿で再びステージに立つ予定です。防弾少年団『BE』の活動期間にはファンの皆様に会えない可能性が高いです。長い間SUGAのことを待ってくれたファンの皆様にご心配をおかけして申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

SUGAは「ファンの皆様がたくさん心配して下さり、また寂しい気持ちもよく分かっています。もっと健康な姿で皆様と出会えるよう順調に回復し、しばらくの間待っていてほしいです」と話しています。

アーティストの健康と安全のために常に努力していきます。

ありがとうございます。