MENU
K-POP

【Bighit側が公式立場を明らかに】防弾少年団、収益分配でBighitに対し法的対応と報道も「いつの話をしてるんだ」とファンが混乱する

12月9日に放送されたJTBC『ニュースルーム』にて、防弾少年団が所属事務所であるBighitエンターテイメントを相手取り法的対応に乗り出したと報道したことで、ファンが非常に混乱しているようです。

収益分配でBighitに対し法的対応と報道された防弾少年団

12月9日の『ニュースルーム』にて、防弾少年団がBighitエンターテイメントの代表であるバン・シヒョクと収益分配に対する葛藤があり、法的対応に乗り出したと報道。これに対しBighit側は「事実無根のほかにはお答えできることはありません」と明かしています。

naver

「いつの話をしてるんだ」と混乱するファンたち

今や世界的な人気を博している防弾少年団。それだけに、所属事務所との葛藤はほと遠いイメージですが、このような報道にファンからも衝撃の声が相次いでいます。しかし、ネット上の意見としては「この件は昨年の再契約の際の出来事」「収益配分が円滑にいっているのかメンバーが専門家に諮問しただけで、法的対応ではない」「なぜ昨年の話を最近起こった出来事のように報道するんだろう…」といった意見が多く、今回の報道に疑問を感じているファンがほとんどのようです。

naver

前述の通り、Bighit側は「事実無根」と明かしていますが、その一方でこのような報道を信じ「防弾少年団への待遇マジか」「この会社本当に無能だね」「防弾少年団は独立するべき」といった、Bighit側を批判する声を少なくないため、ファンは混乱しているようです。

【12/10追記】Bighit側が公式立場を明らかにする

このような報道に対し、Bighit側が即公式立場を明らかにしました。Bighitいわく「現在、防弾少年団および両親との葛藤は存在しない」と明かし、また「報道にあった収益配分の問題が何を意味しているのか不明ですが、当社と防弾少年団は専属契約に影響を及ぼさない一部の事案に対し協議中です」としています。Bighit側の公式立場全文は以下の通りです。

1. 「防弾少年団が当社との収益配分問題で江南(カンナム)の大手方室事務所に諮問を求め、当社を相手に法的対応を検討している」という報道に対し

事実ではありません。

当社は該当の報道以降、防弾少年団のメンバーおよび両親に確認を取った結果、防弾少年団の両親が2ヶ月前に江北(カンブク)区に位置するとある法律事務所に専属契約のうち一部の事案(映像コンテンツ事業にまつわる内容)について法的内容について尋ねたことがあることが分かりました。当時、この件について実際に依頼したものではなく、該当の法律事務所も公式的な諮問はしていません。

それ以降、当社と防弾少年団はこの事案に対し議論中であり、この事案に対し紛争が起こるといった内容は事実ではありません。特に、当時尋ねた内容は当社と防弾少年団が進める多くの事業のうちの一部に該当するもので、仮にこの事案に対し問題が起こったとしても、専属契約に影響を及ぼすものではなく、契約上での細かな条項に過ぎません。

つまり、報道内容の通り、当社と防弾少年団が特定の事案に対し協議がなされておらず、法的対応に入るというのは事実とは異なり、法律事務所に問い合わせをした後に当社と協議をしています。JTBCはこれに対し前後の関係を歪曲し報道しています。

ちなみに、当社は過去から防弾少年団と両親たちに債務、給料の支払い、法律などと関連し、会計士、弁護士などの外部の諮問を積極的に活用しています。防弾少年団が創出する価値が日を追うごとに高まっている中、防弾少年団がグループとして、あるいは個人として外部から専門的な意見を聞くことは当然と判断しているためです。

これとともに、当社は防弾少年団と重要なパートナーという関係のうえで、意見の違いが常に起こることは認識しており、どんな小さな事案であっても積極的な協議を通じ、全ての問題について解決しています。

よって、一部の制限的な事案により、防弾少年団および両親が当社との法的内容を検討しているという内容は事実でもなく、なぜこのような形で誇張された内容で報道されたのか疑問です。

2. 「防弾少年団は昨年再契約を控え、収益配分の問題で当社と葛藤があり、当社との溝が埋まらなかったことで法的対応に乗り出した」という報道に対し

事実ではありません。

防弾少年団は現在、収益配分を含んだ専属契約に対し「訴訟」などの法的対応の意志は全くありません。専属契約と関連し「立場の違い」「葛藤」など、ネガティブな表現で、まるで防弾少年団が当社と深刻な紛争があるかのように報道され、さらには葛藤を悔やむといった形で報道されたことに対し誠に遺憾に思っております。

昨年結んだ再契約に対しても、当社と防弾少年団はお互いを同等なパートナーとして認めているうえでなされたものです。防弾少年団が創出する価値が非常に高まっていることにより、再契約を締結する過程に慎重を重ねた相互の認識のもと、当社と防弾少年団は再契約と関連し、長い時間議論した末、業界で最も模範的な再契約を結ぶこととなりました。

3. 事実とは異なる関連の報道および取材活動上の問題点に対し

当社に対する報道からすぐになされた紛争の報道を通じ、当社と全く関連の無い一部のエンターテイメント会社の事件を報道し、当社にも問題があるかのように関連付けられたことに対し誠に遺憾に思います。

JTBCは当時の関連報道にて事実を確認しないまま誇張した形で報道し、当社と関連のない事件と関連付けただけではなく、取材の過程でも本当にジャーナリズムの原則を強調するメディアなのか疑うほどでした。

何の予告もなく当社を訪ね、詳しい説明もせず、今回の件に対し一方的な質問を投げかけてきただけではなく、当社のIDカードが無ければ入ることのできない当社に不法侵入し、当社の内部を撮影し、ニュースの映像として使用しました。このような報道に問題があると認識したのか、無断で撮影したコンテンツを削除後、オンラインに掲示するといった行動をされました。

当社はJTBCが最初の放送に使用した映像はもちろん、カメラマンが当社に不法侵入した瞬間の映像を防犯カメラを通じ確保しています。言論の自由が保障されなければならないだけに、メディアもそれに見合うよう取材をするべきというのが当社の考えであり、そのような面からJTBCの報道の仕方に対し、当社が別途提起する予定です。

今回の報道に対するJTBCの意図が何であれ、その内容は事実ではなく、JTBCは一部の内容を誇張し、それが事実であるかのように報道し、当社と無関係な事案と関連づけるなどといった、当社と防弾少年団に被害を与えました。当社はJTBCの今回の放送に問題があると判断し、これに対するJTBCの誠意ある謝罪および回答を要求します。

ありがとうございます。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。