K-POP

全曲自作曲!BTOBミニョク(HUTA)アルバム『HUTAZONE』全曲解説

2月7日に入隊予定のBTOBミニョク。そのカウントダウンは刻々と近づいていますが、入隊前にソロアルバム『HUTAZONE』を発売しました。初のソロアルバムでフルアルバム、さらに全曲自作曲と自信を持って作品を発表したミニョクですが、今回はアルバム全曲を解説していきます。

アルバム全曲をプロデュースしたミニョク

ミニョクは今回、自身の初のソロアルバムにてビジュアル、ラップ、ボーカル、パフォーマンス、そしてプロデュースまで全て自身が担当しました。アルバムのコンセプトイメージからも分かるように、ミニョクは時には純粋な姿、そして時には魅惑的で少し危険な香りのする姿…と多くの魅力を見せてくれています。

Twitter

アルバム『HUTAZONE』全曲解説

Twitter

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】1集: HUTAZONE [ ミンヒョク (BTOB) ]
価格:2373円(税込、送料無料) (2019/4/9時点)

1. HUTAZONE

1曲目の『HUTAZONE』は、ミニョクの別名である『HUTA』と『ZONE』を合わせたもので『HUTAの世界に来たものを歓迎する』というメッセージが込められています。ファンタジー要素がある、強烈な雰囲気に圧倒されるイントロトラックです。

Twitter

2. YA

タイトル曲『YA』は、『YOU』のスラング表現である『YA』と、韓国語で親しい人を呼ぶ『야』(ヤ)という意味合いが込められています。『俺』を主張するのと同時に『お前』と一緒にいる瞬間が一番幸せで、『俺』らしいということを正直な気持ちで歌っています。

3. Hang out(너도?나도!)(Feat. ソヨン of (G)I-DLE)

『Hang out』(너도?나도!)は一目ぼれした2人の感情を歌った楽曲です。現在人気急上昇中でミニョクが所属するCUBEエンターテイメントの後輩グループである(G)I-DLEの実力派リーダー・ソヨンとのコラボ曲となっています。

4. Lonely(아무렇지 않은 척)

4曲目の『Lonely』(아무렇지 않은 척)は、痛みを表現した楽曲で『아무렇지 않은 척』(何ともないふり)という言葉が繰り返されながら、その痛みと後悔がだんだんと大きくなっていることを表現しています。

Twitter

5. Day dream(꿈인가 봐요)(Duet. ユク・ソンジェ of BTOB)

BTOBソンジェとのデュエット曲『Day dream』(꿈인가 봐요)は、恋を描いた楽曲で、華麗なオーケストラサウンドが悲しみをより大きくします。離れた愛する人を『秋』と『冬』、そして『残像』と表現し、繊細さを与えます。

Twitter

6. 落花(낙화)(Interlude)

『I wanna kill myself』『추락하고 있는 나를 꺼내줘』(墜ちていく俺を見つけてくれないか)というような少し刺激的な歌詞とは対照的に、美しく幻想的なサウンドが印象的な『落花』(낙화)(Interlude)は、ミニョクの甘いボーカルが魅力的な楽曲です。

Twitter

7. Fallin’

『Fallin’』は軽快でさわやかさを与えるダンスポップ楽曲で、愛に溺れた2人の最も純粋で飾らない心を表現しています。初恋のドキドキを連想させるサウンドと明るいコーラスが印象的です。

Twitter

8. ALL DAY (Korean Ver.)

ミニョクの日本ソロアルバム収録曲で、コンサートの振り付け映像で人気曲となった『ALL DAY』が、韓国語バージョンとして収録されました。一日中愛を交わす恋人たちの姿を甘くも果敢に表現しています。

Twitter

9. Purple Rain (Feat. CHEEZE)

BTOBのソロプロジェクト『Piece of BTOB』に収録された『Purple Rain』は独特な歌声で音源チャートを席巻しているCHEEZEとのフィーチャリング曲です。雨の中で会話をするように歌う2人のアーティストの美しいハーモニーを聴くことができます。

Twitter

10. Tonight(오늘 밤에)(With Melody)

長い間友達として過ごしてきた好きな人に勇気を出して告白する姿を表現した『Tonight』(오늘 밤에)は、時には友達のようで、また時には恋人のような存在である『Melody』(ファンクラブ名)に間接的に気持ちを伝えている楽曲でもあります。

Twitter

11. Waiting For You

『HUTAZONE』のアウトロ曲である『Waiting For You』は柔らかなピアノの旋律と淡々としたボーカルのリードが印象的な楽曲です。今年入隊を控えたミニョクが、自身の視線ではなく『Melody』の視線で作った、もはやミニョクのプレゼントと言ってもいい楽曲です。

Twitter