K-POP

【『それが知りたい』制作陣がNU’EST側にちゃんとした謝罪をする】Block Bバッキョン、複数の歌手を名指しで『音源買い占め』発言で立て続けに法的対応を予告される

Block BバッキョンがSNSにて複数の歌手に対し名指しで『音源買い占め』発言をしたことで立て続けに法的対応を予告され、大きな騒動になっています。

⇒【1/5追記】2019年の記事から追記しています。

バッキョンが名指しで『音源買い占め』発言をし法的対応を予告される

Block Bバッキョンが11月24日に自身のSNSにて複数の歌手の名前を挙げ「俺も音源買い占めしたい」と、まるで名指しをした歌手が音源買い占めでチャートにのぼっていることをほのめかすような発言をし、騒動になっています。これにより、名前を出された複数の歌手から法的対応を予告されることに。

원본 이미지

naver

バッキョンに名前を出された先輩デュオであるVIBEは「所属事務所を通じ、バッキョンに謝罪をするよう十分な時間を与えたのにも関わらず、納得のいくような謝罪もなかったため、名誉棄損で法的対応を検討します」と明かしています。その後もバッキョンはVIBE側に「謝罪は難しいと思います」と話したとのこと。

원본 이미지

naver

バッキョンが正式に謝罪するもサイン会が延期になる事態に

騒動が大きくなったことで、バッキョン側が今回の件について謝罪。「特定の人物の名誉を傷つけるつもりは無かった」「現在の歌謡界の音源チャートの状況について発言したまでです」と釈明しています。しかし、このような影響からか、バッキョン側は当初予定していたサイン会の延期を発表しました。

naver

【11/27追記】弁護士を通じ真っ向から対応することを明かしたバッキョン

このような法的対応に対し、バッキョンの所属事務所であるSeven Seasonsは11月26日の公式立場にて「今回の件とは別に当社としたしましては所属アーティストの立場を代弁し、保護する義務があるとみなし、今後法的対応がなされ次第弁護士を通じ真っ向から対応する予定です」と明かしています。

원본 이미지

naver

1 2
ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。
Secured By miniOrange