K-POP

約10ヶ月ぶりのカムバック!BLACKPINK『KILL THIS LOVE』アルバム全曲解説

もはやYGエンターテイメントの代表格となったBLACKPINK。約10ヶ月ぶりにアルバム『KILL THIS LOVE』を発売しました。今回はアルバム全曲を解説していきます。

約10ヶ月ぶりのカムバックのBLACKPINK

BLACKPINKは前作『SQUARE ONE』から約10ヶ月ぶりにアルバムを発売しました。以前までは主にデジタルシングルで活動していた彼女たちですが、現在はアルバムも発売し、グローバルスターになりました。

アルバム『KILL THIS LOVE』全曲解説

1. Kill This Love

タイトル曲『Kill This Love』は、強烈なドラムサウンドが印象的な楽曲です。そこにカリスマ溢れるラップとボーカルが加わり、BLACKPINKの独自性が表現されています。

2. Don’t Know What To Do

ファンタジー要素が溢れる『Don’t Know What To Do』は、爆発的なドロップパートが完璧な起承転結を見せてくれています。切ない歌詞が共感できる内容となっています。

3.Kick It

『Kick It』は、ロックとヒップホップが融合された、BLACKPINKのキャラクターが十分に分かる楽曲です。どこに行くのか分からない、変則的で破壊的な楽曲の雰囲気を一層アップグレードしてくれています。

4. Hope Not(아니길)

BLACKPINKといえばパワフルな楽曲というイメージがありますが、『Hope Not』(아니길)はBLACKPINKのボーカルを存分に楽しめる、切なくもどこか控えめなメロディーと歌詞がリスナーの心を掴みます。

5. DDU-DU DDU-DU(뚜두뚜두) (Remix)

最後の楽曲は、前作『SQUARE ONE』のタイトル曲『DDU-DU DDU-DU』(뚜두뚜두)のリミックスバージョンです。原曲とはまた違った雰囲気を味わうことができるでしょう。

このように、クオリティの高いパフォーマンスで日本でも男女問わず人気のBLACKPINK。今後もこのようなパフォーマンス力は変わることがないでしょう。