MENU
K-POP

【2021年にガールズグループをデビューさせる?】防弾少年団所属のBighitエンターテイメント、GFRIENDの所属事務所を買収で3大事務所の序列が変わる?

防弾少年団の所属事務所であるBighitエンターテイメントが、GFRIEND、ASTROなどが所属するSource Musicを買収したことで大きな話題となっています。

BighitエンターテイメントがGFRIENDの所属事務所を買収し話題に

Bighitエンターテイメントは最近、Source Musicの買収を報告。しかし、買収したといっても、Source Musicの経営陣は変わらず、独立性を維持したまま運営していくことを明かしました。

원본 이미지

naver

バン・シヒョク代表が買収を決めた理由

Bighitエンターテイメントの代表であるバン・シヒョクが今回の買収を決めた理由として「Source Musicとアーティスト育成システムが似ているため」とし「お互いをよく知っているため、今回の買収が成功できることを期待している」と明かしています。これに対し、Source Music代表のソ・ソンジン代表は前向きにとらえており「Bighitエンターテイメントと一緒になれて嬉しい」と語っています。

원본 이미지

naver

買収によるメリットは?

レーベル拡大および事業の構造の改編を推進中であったBighitエンターテイメントは、今回の買収を通じ、マルチレーベルの構造を強化することに。現在、ガールズグループがいないBighitエンターテイメントにとって、すでにファンが多く付いている女性アーティストおよび潜在力の高い練習生を短期間で確保することにより、アーティストのスペクトラムを高めることが大きなメリットでしょう。

원본 이미지

naver

『PRODUCE X 101』練習生の活躍も今後期待できる?

もちろん、Bighitエンターテイメントはガールズグループだけではなく、引き続きボーイズグループの育成に力を入れていくことでしょう。特に最近まで『PRODUCE X 101』に出演していたSource Music所属のキム・ヒョンビン、ユン・ミングク、チェ・ガホもBighitエンターテイメントの力を借りることができることになったことで、今後大きな成長が望めるでしょう。

3大事務所の序列が変わるか?

韓国の3大芸能事務所といえば、SMエンターテイメント、YGエンターテイメント、JYPエンターテイメントが挙げれますが、かつては事務所力が無かったBighitエンターテイメントが防弾少年団をグローバルアーティストに成長させることに成功したことで、韓国では大手芸能事務所が3大事務所から4大事務所になるのではないか?といわれていたほどです。

원본 이미지

naver

しかし、最近になりYGエンターテイメント所属アーティストの度重なる不祥事や、代表であったヤン・ヒョンソクが辞任をしたことで、YGエンターテイメントが実質、機能をしていない状態である中、3大事務所の序列が変わるのではないか?という予測がされています。

【9/7追記】2021年にガールズグループをデビューさせる?

そんなSource Musicとタッグを組んだBighitエンターテイメントですが、2021年にガールズグループをデビューさせるべく『PLUS GLOBAL AUDITION』を開催すると予告しました。

『PLUS GLOBAL AUDITION』は、10月5日にアメリカ・ロサンゼルスとニューヨークから始まり、12日にはパース、シンガポール、13日にはメルボルン、19日には釜山、光州、大阪、札幌、台湾、20日にはソウル、東京、高雄、26日にはハノイ、バンコク、27日にはホーチミンと、16都市で大規模に行うとのことです。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。