K-POP

BJ故パク・ソウンを苦しめた誹謗中傷の加害者、元AOAミナもターゲットにしていたことが判明

Afreeca TVのBJとして活躍していたパク・ソウンが誹謗中傷を苦にこの世を去った件で、誹謗中傷の加害者が元AOAミナに対しても同様の行為をしていたことが明らかになりました。

誹謗中傷が原因でこの世を去ったパク・ソウン

7月13日、パク・ソウンの妹とみられる人物が自身のinstagramにて「先週姉が天国に旅立ちました」といったと告白。生前に多くの誹謗中傷で苦しんでいたというパク・ソウン。Afreeca TVでは月6000万ウォン台の収入を稼ぐほどの有名なBJでしたが、最近になり彼女の元恋人が「別のBJと浮気していた」と暴露したことで騒動になっていました。

원본 이미지

naver

誹謗中傷の加害者が元AOAミナもターゲットにしていた?

パク・ソウンは6月11日、公式チャンネルにて『脅迫』というタイトルでとあるDMのスクリーンショットを公開。DMには多くの誹謗中傷が書かれていましたが、家族や知人の悪口まで書かれていることで「我慢できない」と訴えかけていました。

원본 이미지

naver

また、この際に公開された誹謗中傷の張本人が後に元AOAミナにも同様のDMを送っていたことが判明。ミナはこの際「誹謗中傷には強いタイプなのですが、最近私も精神的に参っているので、もうやめましょう」とコメントしていました。

원본 이미지

naver

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。