Berry Good所属事務所代表&マネージャーが新型コロナウイルス感染の一方でジョヒョンの出演映画側と意見の食い違い?「検査を受けたと聞いていない」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

Berry Good所属事務所代表&マネージャーが新型コロナウイルス感染の一方でジョヒョンの出演映画側と意見の食い違い?「検査を受けたと聞いていない」

Berry Goodの所属事務所の代表とマネージャーが立て続けに新型コロナウイルスに感染した一方、ジョヒョンが出演する映画側が「検査を受けたと聞いていない」とひと悶着起こっているようです。

所属事務所代表&マネージャーが新型コロナウイルス感染も映画側「検査を受けたと聞いていない」

12月2日に新型コロナウイルス陽性と判定されたBerry Goodの所属事務所の代表&マネージャー。これによりメンバーも検査を受けることとなりました。検査結果は全員陰性であったものの、その後万が一のためにと自宅待機となったわけですが、ジョヒョンが出演している映画『龍楼閣: 非情都市』(용루각: 비정도시)側は「検査を受けたと聞いていない」と主張。

원본 이미지

naver

ジョヒョンは前日の1日の映画のインタビューを受けており、そこで少なくとも4名の取材と接触しています。その際のインタビューに代表とマネージャーも同行していたわけですが、終了後に感染が判明、その後にメンバーも検査を受けたとのことですが、制作陣側は「1日に追加のインタビューを要請するべく連絡したものの、検査に関する話をしていなかった」「2日に再び連絡した時に、そこで初めて検査のことを聞かされた」としています。

Berry Good側「担当者には連絡している」

このような制作陣側の主張に対し、Berry Good側は「映画担当者には連絡している」と反発。1日に連絡をした際に「2日に結果が出ると話した」とし、代表&マネージャーの陽性、メンバー全員の陰性も全て伝えたとのことですが、話がうまく通っていないことで残念な心境を明かしています。ちなみに映画側での追加での感染者は現れていない状況です。

원본 이미지

naver

ジョヒョンが直筆の手紙で当時の状況を説明する

このように、まるで「新型コロナウイルスの検査を受けた状況でインタビューを受けていた」といった報道が多くあったことで、ジョヒョンが直筆の手紙で「あれは誤報です」とし、当時の状況を説明するとともに、日頃尽力している医療関係者に感謝の気持ちを伝えています。

원본 이미지

naver

ジョヒョンの直筆の手紙全文

こんにちは、ジョヒョンです。

まず、新型コロナウイルスにより大変な時期を過ごされている皆様に応援の言葉を伝えたいです。

最近の報道にて、私が新型コロナウイルスの検査を受けたにも関わらず、映画のインタビューに参加したといった誤報が流れました。

私はその日、16時頃にインタビューを終え、帰宅する途中で事務所から検査を受けろと言われました。そこで保健所で検査を受けたのですが、陰性と判定されてからは現在自宅待機中です。

感染拡大以降、私の些細な行動ひとつが大きなリスクに繋がってしまうこともありますし、昼夜問わず尽力して下さっている医療関係者の方に負担を与えてはいけないと、大韓民国の国民のひとりとして防疫の指針に誠実に従っています。

報道以降、多くの方から「大丈夫ですか?」といったDMが来ました。とてもありがたかったのですが、その一方で胸が痛くなりましたね。

私が今、多くの皆様の愛と応援のメッセージをもらえるのは、今この瞬間でも見えないところで尽力してくださる医療関係者の皆様がいらっしゃるためです。

持続的な感染拡大につらい思いをされている医療関係者の皆様に改めて頑張ってほしいと、多くの愛と応援のメッセージを送ってもらえたらと思います。

医療関係者の皆様を含め、現在病院にいらっしゃる皆様、待機中の皆様が健康でありますように!!

大韓民国が一日でも早く新型コロナウイルスの終息が叶うことを願っています。

一緒に克服しましょう、ファイティン!!!!!!!

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。