ペク・イェリン、12月10日にアルバム『tellusboutyourself』発売も一部のファンからまさかの反応が寄せられる「全曲英語で全く心に響かない」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

ペク・イェリン、12月10日にアルバム『tellusboutyourself』発売も一部のファンからまさかの反応が寄せられる「全曲英語で全く心に響かない」

15&のメンバーで現在は主にソロとして活躍しているペク・イェリンが12月10日に正規2集『tellusboutyourself』発売も、全曲英語であることからまさかの反応が寄せられたようです。

ペク・イェリンが全曲英語のアルバムを発売も…?

12月10日にフルアルバムを発売したペク・イェリン。収録曲14曲が全て英語で歌われていることから、いわゆる韓国語で歌ってほしい一部のファンからは「英語で歌われるとなんだかぎこちなく聴こえる」「全く心に響かない」といった反応が寄せられることに。ペク・イェリンは2019年に発売された正規1集『Every letter I sent you.』でも全曲英語のアルバムを発売しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ペク・イェリン / Every letter I sent you. 【CD】
価格:2983円(税込、送料無料) (2020/12/13時点)

「単なる好みの問題ではないか」という声も?

また、その一方でペク・イェリンの『tellusboutyourself』アルバムを聴いたファンからは「作品として聴けばいいんだと思う」「心に響かないのは単に聴く側が英語ができないだけだろ」「ペク・イェリンが歌いたいものを歌ってほしい」という声も多くあります。

現に正規1集のタイトル曲『Square』は韓国人として史上初の英語の楽曲で音源チャート1位を獲得したこともあり、「単なる好みの問題」といった声も少なくありません。ペク・イェリンは2012年にパク・ジミン(現: Jamie)と15&としてデビューしましたが、現在は独立レーベルを設立しています。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。