K-POP

ペ・ジニョンがC9の練習生からWANNA ONEのメンバーに選ばれるまでの経緯

2018年12月31日をもって現在マネジメントを行っている事務所との契約が終了するWANNA ONE。2019年1月に開催される単独コンサートを最後に活動が終了しますが、今回は最終順位10位でWANNA ONEメンバーに選ばれたペ・ジニョンにフォーカスを当てて紹介していきます。




『プロデュース101』に参加するもなんだか自信の無さそうなペ・ジニョン

ジニョンは所属事務所・C9の練習生として1人で『プロデュース101』に参加しましたが、ランク評価の時からすでに自信が無い様子を何度も見せ、トレーナーから「なんで下ばかり見てる?」と指摘されたこともあります。当時練習生期間がわずか10ヶ月だったこともあり、無理も無かったと思われますが、途中でCランクからFランクにランクダウンしてしまうなど、なんだか先行きが不安だったジニョンでした。

デビュー評価ではセンターを担当したペ・ジニョン

そんな慣れない環境の中でなかなか自身の実力を発揮できなかったジニョンですが、番組の放送回数を重ねるにつれ自信を身につけていきます。その結果、デビュー評価曲『Hands on Me』ではセンターをつとめました。この頃にはすっかり男らしくなっていますね。

WANNA ONEとしてのペ・ジニョンの魅力

その後、見事WANNA ONEのメンバーに選ばれたジニョンですが、そんなジニョンの魅力はどんなところにあるのでしょうか?

Twitter

とにかくイケメン&小顔

まず、ジニョンの魅力はそのルックスにあるでしょう。その端整な顔立ちに小顔という最強イケメンのジニョンを見てファンになった人も多いと思われます。さらにパッチリした目に透き通った鼻筋に羨む男性も多いはずです。

Twitter

実は愛嬌がかわいいペ・ジニョン

また、ジニョンはすでにお伝えしたとおり『プロデュース101』ではなかなか新しい環境に適応できませんでしたが、実は性格自体はかわいいことで有名のようです。『プロデュース101』およびWANNA ONEに抜擢された後、様々な愛嬌を見せてくれています。といっても本人いわく男らしくなりたいそうです。

歌声もいいペ・ジニョン

『プロデュース101』では自信の無さばかりにフォーカスが当てられてしまいましたが、ジニョンは当初Cランクを獲得しているため、実力が全くないわけではありません。特に歌声に関しては上手いというよりかは、聴いて癒されるような声をしています。現にジニョンはボーカルに対する関心も高いとのことなので、今後トレーニングを重ねていけば、より歌声の魅力は増していくでしょう。

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。