K-POP

【投稿者が謝罪文掲載も…?】APRILナウン、「学生時代にいじめに加担していた」という根拠の無いデマに弁護士選任。DSP「精神的な苦痛を味わっている」

とあるオンラインコミュニティにて「APRILのナウンから学生時代にいじめに遭った」といった噂が流れたことで、所属事務所であるDSP側が「事実無根」と法的対応に乗り出すことを明らかにしました。

「APRILナウンがいじめの加害者であった」という噂がオンライン上で流れる

7月22日、とあるオンラインコミュニティで「小学生の頃にナウンからいじめに遭った」といった投稿が話題になりました。投稿者であるA氏は小学校の同級生で「ナウンからひどい暴言を浴びせられ、通っていた塾まで辞めなければならなかった」「このせいでたくさん泣いた。母親はナウンがテレビに出るたびチャンネルを変える」といった主張をしています。

画像

Twitter

さらにA氏はナウンが「障害者みたい」と侮辱的な発言をし、見た目を評価したといい「謝罪してほしい。イ・ナウンの顔を見るたびに過去の記憶を思い出す。軽く言った言葉かもしれないけれど、自身にとっては大きな傷」と暴露しています。

DSP側が法的対応に乗り出すことを明かす

この件を受け、所属事務所であるDSPエンターテイメントは「事実無根」と公式立場を明らかに。「ナウンは小学生の頃に塾に通ったことがない」とし「塾を辞めなければならないという主張は事実関係からして違う」と主張しています。

画像

Twitter

このような根拠のない噂により、ナウンは現在「精神的に苦痛を味わっている」とDSP側が説明。現在A氏を相手に弁護士を選任したとし、法的対応に乗り出すことを明かしています。

【7/24追記】「カムバックのスケジュールをキャンセルする」と報道されるも…?

7月29日にスペシャルシングル『Hello Summer』でカムバックを果たすAPRIL。今回の騒動後、中学校の同級生と名乗る他のユーザーがメディアに対し「ナウンはいじめをするような子ではなかった」と証言しており、現在A氏の投稿も削除されている状態ですが、この件で大きなストレスを受けてしまったナウンは「カムバックのスケジュールをキャンセルする」といった報道が流れます。

画像

Twitter

しかし、DSP側はこれを否定。7月23日に行われる予定であったスケジュールのみをキャンセルしたのみで、カムバックには予定通り参加するとのことです。

【7/25追記】投稿者が謝罪文掲載も法的対応に乗り出すことを明かしたDSP側

事態が大きくなるにつれ、A氏はコミュニティにて直筆の謝罪文を掲載。ナウンに対するいじめの件は「全て嘘でした」といった趣旨の文章を綴っていますが、DSP側は予告通り法的対応に乗り出すことを宣言しています。

원본 이미지

naver

A氏の謝罪文

私は2020年7月22日(水)にオンラインコミュニティにて投稿した内容について真実をお話しいたします。

APRILナウンと関連した小学校時代のいじめについては全て嘘であり、本人とは全く関係ありません。

今回の件で被害を与えてしまったナウン、そしてファンの皆様に心から謝罪いたします。

改めまして、大変申し訳ございませんでした。

2020年7月24日

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。