Afreeca TVのBJが「過去に防弾少年団Vにパシリをさせた」と謎の発言をし批判の声多数「売名行為やめろ」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

Afreeca TVのBJが「過去に防弾少年団Vにパシリをさせた」と謎の発言をし批判の声多数「売名行為やめろ」

ここ最近、芸能人の学生時代のいじめが続々と暴露されている一方、とあるAfreeca TVのBJが「過去に防弾少年団Vをいじめていた」といった謎の発言をした件が今になり掘り返されているようです。

「過去に防弾少年団Vにパシリをさせた」と謎の発言をしたBJ

2月22日のオンラインコミュニティにて「防弾少年団Vがいじめの被害者だった」という投稿が話題に。どうやら過去にBJフェフンが「Vと小学校の同級生だった」と発言した映像が掘り返されたようですが、その際に「テヒョン(Vの本名)出世したね。過去にはパシリやってたのに」と発言。

원본 이미지

naver

BJフェフンはVと「特に親しい関係ではなかった」としたものの、「当時は俺の方が立場が上で、Vが格下だった」というような発言をしたことで「いじめの加害者だと自ら言ってるのか」と批判の声が相次ぐことに。

「売名行為やめろ」と苦言の声相次ぐ

その後、BJフェフンは「俺が直接Vにパシリをさせたことはない」と失言したことを明かしたのですが、このほかにも過去に誕生日パーティーでVが仲間外れになったことに言及したことに対しても「主導者は俺じゃない」と謝罪しています。

・関連記事

要するに、過去に本当にVをいじめていたのかという真意についてははっきりしていないようですが、これには「なぜ自身がいじめていたことを武勇伝みたいに語ってるんだろうか」「売名行為やめろ」と苦言の声が相次いでいます。

insight

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。