MENU
K-POP

【ハ・ナギョンがデートDVの加害者として言及される】AfreecaTVの女性BJふたりが生放送中に口ゲンカ?「お前は友達じゃない!」

5月6日、韓国のインターネット放送であるAfreecaTV(アフリカTV)の人気女性BJであるカン・ウンビとハ・ナギョンが生放送中に口ゲンカを繰り広げるというハプニングが起こりました。

AfreecaTVの人気女性BJが生放送で口ゲンカ?

5月6日のAfreecaTVにて、ハ・ナギョンがナムスンというBJの放送に出演した際、「カン・ウンビとは親しい仲」であることを明かし、カン・ウンビと親交のあるナムスンが電話をかけました。ここでハ・ナギョンが「ウンビ、私ナヨンだよ」と挨拶したところ、カン・ウンビは「全然親しくないんだけど」と慌てふためく様子を見せました。これに対し、ハ・ナギョンは「一緒に映画の話をしているうち、映画撮影をした仲」だと説明をするものの、カン・ウンビは「連絡先さえ知らない」と話し、ただならぬ雰囲気に。

naver

カン・ウンビ「ハ・ナギョンとは友達じゃない」

カン・ウンビは電話が終わった後に「ハ・ナギョンとは全く親しくない。映画撮影の際にはタメ口を使ったことなど無かったし、連絡先を交換したこともない」と再び説明。さらに、「ハ・ナギョンが酔っぱらって私に失礼な態度を取ったことがある」と明かしました。しかし、それからもハ・ナギョンはカン・ウンビに電話をし「こういうことを生放送で言う必要ある?」と反論。カン・ウンビは「生放送とは関係なしに、前から陰で私の悪口言ってたじゃん」と説明しました。

naver

さらに2人の口ゲンカはエスカレート。ハ・ナギョンは「私はウンビの悪口を言ったことはない。証拠でもあるの?」と反論しましたが、カン・ウンビは「映画の打ち上げの解き、私をトイレに連れ込んで頭殴ってひどいこと言ったくせに」と暴露を始めました。

ネット上ではカン・ウンビを擁護する声多数

この放送を観ていたネットユーザーの中では、圧倒的にカン・ウンビを擁護する声が多いようです。「ハ・ナギョンはカン・ウンビの連絡先さえも知らないのになぜ親しいふりをする?」「こんなエロいだけの女と電話してもカン・ウンビのイメージが悪くなるだけ」など、様々な意見があります。

naver

【10/25追記】デートDVの加害者として言及されたハ・ナギョン

このように世間を騒がせたハ・ナギョンですが、最近になり、2018年に交際中にあった20代の男性に暴力を振るったとし懲役8ヶ月、執行猶予2年を宣告されました。

원본 이미지

naver

あまりにもひどいハ・ナギョンのデートDV

ハ・ナギョンは2018年、恋人であった男性に別れを切り出されたことで逆上し、何度にもわたり男性を車ではね、男性がボンネットの上に投げ出されてもそのまま車を走らせるといった行為、その他男性の家への不法侵入、知人に男性に対する誹謗中傷をしたといった、韓国で現在深刻化している『デートDV』にあたるとし、男性側から訴えられたとされています。また、この報道がなされた当時、加害者の名前が『H氏』と匿名で報道されていました。

naver

ネット上でハ・ナギョンの名前が浮上する

この報道がネット上で大きな話題になる中、オンラインコミュニティおよびSNSにて『H氏』がハ・ナギョンなのではないか?という疑惑が持ち上がります。ハ・ナギョンは当日にAfreecaTVの放送をした際、「ニュース見た?」といったネットユーザーのコメント欄が書かれたことでハ・ナギョンは「私がニュースに出たの?」「最近ネットを見ていないから後で確認する」と、その際は詳しく説明することはありませんでした。

원본 이미지

naver

騒動の件についてごまかすも最終的には認めたハ・ナギョン

その後もコメント欄が騒がしかったことで、ハ・ナギョンは「私には恋人がいないことを誰もが知っているはず」と、AfreecaTVにてごまかし始めるも、自身の名前がポータルサイトで1位になったことを知った際にはしばらく放送を中断。その後、ハ・ナギョンはデートDVの加害者は自身であることを認めました。

naver

しかし、ハ・ナギョンは「2018年に食堂で口論になった際、彼氏が出て行ってしまい、その後電話しても出なかったためそのまま帰った」「彼氏に私の車に乗りなよと言ったけど、そのまま無視して行こうとしたため追いかけていった」「その時突然私の車の前に来たため急停止し、彼氏ははねられてしまった」と、報道の内容とは異なることを明かしています。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。