K-POP

『2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS』受賞候補にEXOが除外?「メンバーの脱退などが理由」とし運営側に批判殺到⇒その後追加される

『2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS』の受賞候補のグループが6月9日に公開されましたが、そこにEXOの名前が無かったことでファンから疑問の声が相次ぐも、その後運営側の公式立場に批判が集まる事態となりました。

『2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS』受賞候補にEXOの名前がない?

6月9日に受賞候補のグループを発表した『2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS』側。そこにEXOの名前が無いことにファンから疑問の声が高まっています。EXOは2019年11月にアルバム『OBSESSION』で活動し、音楽放送でも1位を獲得したことがあるだけに、本来であれば受賞候補に入っているはずです。

「メンバーの脱退などが理由」でEXOが除外された?

EXOが受賞候補に含まれていないことに疑問を覚えたファンが『SORIBADA』側に直接問い合わせたところ、なんと「運営側の基準と手順により候補を選定しましたが、EXOの場合候補選定期間(2019/08/01~2020/04/30)にメンバーの脱退などの話題があった」という理由で候補から除外されたとのこと。

この件についてはおそらく1月に結婚を発表したチェンのことについて言及しているのだと思われますが、以前に所属事務所であるSMエンターテイメントが「脱退はしない」と正式に明らかにしているだけに「選定基準が明らかにおかしいだろ」「万が一脱退しているとしても楽曲で結果出してるんだから候補に入れるべき」といったファンからの批判が多く集まっています。

運営側がミスを認めEXOが受賞候補に追加される

あまりの大きな批判に運営側も無視できなかったのか、6月12日に再び立場を変え、EXOを受賞候補に追加したことを正式に明かし謝罪。運営側は内部でコミュニケーションがうまくいっておらず、業務上のミスがあったことを報告。また、これによりEXO以外にも除外されているアーティストが追加で判明したことにより、6月16日に改めて発表するとのことです。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。