JO1金城碧海、未成年飲酒が『週刊文春』に報じられるも飲酒と全く関係のないことを書かれファン「超気分悪い」|人間翻訳機の雑食サイト
『プロデュース』シリーズ

JO1金城碧海、未成年飲酒が『週刊文春』に報じられるも飲酒と全く関係のないことを書かれファン「超気分悪い」

3月4日にデビューシングル『PROTOSTAR』にて本格始動するJO1。その直前にメンバーの金城碧海の未成年飲酒が『週刊文春』に報じられ、所属事務所も事実を認めました。

未成年飲酒が『週刊文春』に報じられた金城碧海

金城碧海の未成年飲酒とみられる写真が2020年1月末頃からSNS上で流出。どうやら18歳以前に撮られた写真のようですが、『週刊文春』が所属事務所に確認をとったところ事実を認め謝罪。金城碧海本人もこの件について深く反省しているとのことです。ちなみに、この件は韓国のネットニュースにも掲載されています。

온라인 커뮤니티

topstarnews

飲酒とは関係ないことまで書かれファンが怒っている?

今回の未成年飲酒の件を即認めた金城碧海ですが、『週刊文春』には飲酒の件とは全く関係のない「名前は『碧海=スカイ』というキラキラネーム」「プロフィールに特技は『お母さんモノマネ』と書いてしまう天然キャラ」「『かわいいし努力してるから』という同情票で合格した」といったことまで書かれており、ファンの中には「飲酒は良くないけどこの書き方はちょっと…」と気分を害している方も多いようです。

画像

Twitter

関連記事

【公式SNSで誕生日がお祝いされる】『PRODUCE 101 JAPAN』金城碧海がFランク&85位まで降格した中でも国民プロデューサーの心をつかんだ魅力とは?12月11日に最終回を迎えた『PRODUCE 101 JAPAN』。その中で見事『JO1』メンバーに選ばれた金城碧海の順位変動が『プロデュース』シリーズ歴代最高といわれているのですが、そんな金城碧海が国民プロデューサーの心をつかんだ魅力とは一体何なのでしょうか?...