MENU
JBJ95の現在の動向は?所属事務所を相手に裁判を起こすことに|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

JBJ95の現在の動向は?所属事務所を相手に裁判を起こすことに

JBJ95などが所属するSTARROADエンターテイメントが、スタッフに対し給料を未払いしたことで当事者から訴えられた一方、今度はJBJ95本人たちからも専属契約をめぐる訴訟を起こされたことが明らかになりました。

⇒2021年2月の記事から追記しています。

STARROAD側がスタッフの給料を未払いしていた?

STARROADの元スタッフであるA氏およびB氏が2月19日、代表であるパク氏を詐欺容疑などで訴えたことが明らかに。

告訴状によればパク氏はA氏の7ヶ月分の給料、またB氏の6ヶ月分の給料を支給せず、さらには退職金や2人が自費で支払った経費も支払わなかったとしています。さらに、これ以外にもスタッフであるC氏の数ヶ月分の給料も支払っていないことが判明。

A氏とB氏は2020年12月にSTARROAD側に退社の意志を表明したものの、STARROAD側は12月19日と27日に行われた日韓ファンミーティングの準備中であったことから、ファンミーティングが終わった後に給料を支払うということを約束。

しかし、STARROAD側は『ファンミーティングの収益をそれほど稼げず、さらにコロナの影響で経営が厳しかった』と主張しているとのこと。

しかし、A氏とB氏は「会社側が嘘をついている」とにらんでいるようで「ファンミーティングの制作費の2倍は収益を稼げている」と主張。

「グッズも注文後に制作していることから赤字が出るわけがない」とし「STARROAD側は最初から給料を支払う気がなかった」と吐露しています。

【4/15追記】専属契約解除を訴えたJBJ95

またその一方で、4月に入りJBJ95からも専属契約をめぐる訴訟を起こされていたことが明らかになったSTARROAD側。

上記の件以降、経営が苦しくなりマネージャーを雇用しなかったことで、メンバーが直接マネージャーを雇わなければならない状況となったようですが、これによりJBJ95はスケジュール管理に支障が出ることに。

また、それだけではなく、メンバーはスタイリストのオファーやヘアメイクの予約なども直接しなければならなかったとのことで、その経費も自腹であったことから今回の訴訟に至ったといいます。

これに対し、STARROAD側は「担当マネージャーがいなかったのは事実であるが、その代わり臨時職員がスケジュールの管理をしていた」「経営が苦しい中でも多くのイベントを予定していたのにも関わらずメンバーが拒否している」と、意見の食い違いを見せています。

【9/4追記】STARROAD側が反訴することに

その後、STARROAD側が本格的に反訴に乗り出すこととなったのですが、9月3日に弁論期日が開かれることに。

STARROAD側いわく、メディアのインタビューにて「アイドルを育成するのに多くのお金がかかる」「ファンは表面的な部分しか見ていないようで非常に残念だ」という立場を明かしています。

7ヶ月の期間限定ユニットとして活動したJBJメンバーの現在の活動は?2017年に放送された『プロデュース101』シーズン2から輩出された派生ユニット・JBJ。7ヶ月の期間限定ユニットながらもファンを着実に増やし、音楽放送でも1位を獲得するなど、大きな成果を出した伝説のグループですが、そんなJBJメンバーの現在の活動の状況をここでまとめていきます。...
【今になり騒動の件を謝罪し始める】飼い猫飼育放棄に熱愛報道、裏アカ流出などでネット上がザワついたキム・ヨングク騒動の発端から現在までのまとめ『プロデュース101』シーズン2の出身者で、派生グループであるJBJのメンバーとしても活躍した中国出身のキム・ヨングク(Jin Longguo)。最近になり様々なスキャンダルで世間を騒がせたことは記憶に新しいですが、今回はそんなキム・ヨングクの騒動の発端から現在までの動向をまとめていきます。...