INI池﨑理人の違反ダンスをいまだリピートしまくっているファンが多い件|人間翻訳機の雑食サイト
『プロデュース』シリーズ

INI池﨑理人の違反ダンスをいまだリピートしまくっているファンが多い件

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』放送当初からその低音ボイスで人気だった池﨑理人。INIに選ばれた現在もかつての『違反ダンス』をリピートしまくっているファンが多いようです。

低音ボイスで番組放送当初から人気だった池﨑理人

2001年生まれとまだ若い池﨑理人。しかし、年齢とは対照的に色っぽい低音ボイスで多くのファンを掴んだわけですが、その低音ボイスは他の練習生からも好評で『イケボNo.1』を獲得することに。

池﨑理人の『違反ダンス』とは?

そんな『イケボ』な池﨑理人は『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』にてラップを大いに披露していましたが、ボーカル・ダンス自体は未経験です。

池﨑理人は番組放送当初に行われた『レベル再評価』にて実力がまだおぼつかないこともあり、CランクからDランクへと降格したのですが、その際に披露したダンスが通称『違反ダンス』です。

 

『違反ダンス』はトレーナーの仲宗根梨乃が名付けたものですが、これにはDA PUMPのKENZOも『できないのを有利に持っていくのやめな!』と思わずツッコむことに。

どうやら『違反ダンス』は実力が足りないながらも、それをパフォーマンスとして逆手に取る、池﨑理人だけのダンスと言った位置づけのようですが、これにはファンも思わず爆笑してしまうことに。この『違反ダンス』は『GYAO!』で配信されている第2話で閲覧が可能です。

INIのメンバーに選ばれた現在も『違反ダンス』を見ているファン多し?

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』6月13日放送回にて最終順位9位でINIの選ばれた池﨑理人。最終回直前には推しがデビューできるよう、ファンが一生懸命宣伝をしていたのですが、池﨑理人の場合はこの『違反ダンス』が多く広められていました。

画像

Twitter

さらに、INIのメンバーとして選ばれた現在もファンが「定期的に見たくなる…」とリピートしまくっているファンが続出の様子。INIではラッパーとして活躍してくれることが予想されますが、池﨑理人が活動を繰り広げるたび『違反ダンス』のリピートが増えるのではないでしょうか。

関連記事

JO1&INIメンバープロフィール比較!最終順位、生年月日、身長、血液型、出身地の割合まで総網羅6月13日に『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』最終回が放送され、JO1の弟分とされるINI(アイ・エヌ・アイ)のメンバーが決まりましたが、今回はJO1メンバーのプロフィールと比較しながらINIメンバーのプロフィールを紹介していきます。...
『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』男性ファンの1PICKは?理由も簡単に聞いてみた4月8日から初放送され好評を呼んでいる『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』。今回は男性ファンの方に絞り、1PICKとそ...