ヒョミン、当時のT-ARAいじめ騒動で周りに避けられていた中で唯一味方をしてくれたガールズグループは?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

ヒョミン、当時のT-ARAいじめ騒動により周りに避けられていた中で唯一味方をしてくれたガールズグループは?

ヒョミンが最近、バラエティー番組出演の際、T-ARA全盛期の頃に起こったいじめ騒動で「周りのグループから避けられていた」と告白。そんな中で唯一味方をしてくれたガールズグループのメンバーを明かし、話題となっています。

ヒョミン「いじめ騒動で周りから避けられている気がした」

ヒョミンは8月7日に放送された『ラジオスター』にて、T-ARA全盛期の頃のいじめ騒動について語っています。当時のメンバーであったファヨンをメンバーがいじめていたという噂が浮上し、グループ全体のイメージが悪くなったというT-ARA。その際に「当時の先輩・後輩が私達のグループを避けているのを感じた」と吐露し、涙を流しました。

dispatch

dispatch

ヒョミンの味方になってくれたガールズグループのメンバーとは?

そんなつらい時期を過ごしたヒョミンですが、唯一味方になってくれたのが少女時代のユリとサニーだったようで、親身に話を聞いてくれたそうです。ヒョミンはそんな少女時代のメンバーに今でも感謝しているといいます。

dispatch

3年ぶりにソロでカムバックしたヒョミン

また、ヒョミンは同じ2019年にソロアルバム『Allure』を発売しました。T-ARAといえば2017年から2018年にかけてメンバーの脱退、以前の所属事務所がグループ名の商標権を持ったことで、現在別の事務所に移籍したメンバーは『T-ARA』というグループ名が使えなくなる、などと多くの葛藤がありました。ヒョミンは前作『Sketch』から3年ぶりにカムバックを果たしましたが、以前から掲げていたヒョミンだけのコンセプトである『Color Variation』が今回の『Allure』で完結したといわれています。

アルバム『Allure』全曲解説

Twitter

6~8曲目は収録曲の中国語バージョンであるため、最初の5曲のみを解説していきます。

1. Allure(입꼬리)(Jazz Ver.)

1曲目『Allure』(입꼬리)(Jazz Ver.)は、2曲目のオリジナルサウンドよりも、さらにアコースティックでジャズテイストに編曲されたもので、ヒョミンのまた違う歌声を聴くことができます。

Twitter

2. Allure(입꼬리)

タイトル曲である『Allure』(입꼬리)は、自身の致命的な魅力に溺れさせるという自信あふれるコンセプトが歌詞に込められています。楽曲の全般で聞こえる堂々とした歩みが連想されるビートは、ファッショナブルなヒョミンのイメージと見事にマッチしています。こちらのカラーコンセプトは『レッド』です。

3. U Um U Um(으음으음)

1月にデジタルシングルとして先行公開された楽曲『U Um U Um』(으음으음)は、愛に溺れ、だんだんと深くなっていく感情を波にたとえ表現した感覚的な歌詞が印象的です。こちらは『Color Variation』第2弾として発表された楽曲で、カラーコンセプトは『エメラルド』です。

4. MANGO

『Color Variation』第1弾として2018年9月にデジタルシングル化していた『MANGO』は、出会ってからまだ間もない男女の間の微妙な感情と、複雑な恋愛心理をフルーツのマンゴーにたとえたところが印象的です。カラーコンセプトは『イエロー』です。

5. YOU(눈가에 한 방울)

5曲目の『YOU』(눈가에 한 방울)は、傍にいる時はその大切さが分からなかったものの、愛していた人と離れた際に感じた後悔について、ヒョミンのまるで訴えるような歌声が印象的な楽曲です。

Twitter

このように、『イエロー』→『エメラルド』→『レッド』と、ヒョミンの『Color Variation』は完成したわけですが、3年ぶりに発売した自信作をあなたも聴いてみませんか?

関連記事

T-ARAヒョミン、元AFTER SCHOOLジュヨンなどが参加した清潭(チョンダム)洞のパーティーにアルパカが同席していたことで動物虐待疑惑が持ち上がるT-ARAヒョミン、元AFTER SCHOOLジュヨンのほか、多くの著名人が5月9日に清潭(チョンダム)洞のパーティーに参加していたことが騒動となっていた件で、パーティーにアルパカも同席していたことから動物虐待疑惑が持ち上がっています。...