MENU
(G)I-DLEスジン、学生時代のいじめ疑惑がネット上で出回るもCUBE側が否定⇒本人謝罪そして現在までのまとめ|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【グループ脱退を発表しました】(G)I-DLEスジン、学生時代のいじめ疑惑がネット上で出回るもCUBE側が否定⇒本人謝罪から現在までのまとめ

2月20日、とあるオンラインコミュニティにて(G)I-DLEのスジンが「学生時代にいじめをしていた」といった暴露文が投稿され、その後CUBE側が公式立場を出すこととなりました。

⇒情報随時追記中です。目次、ページ数をよくご覧になりお読みください。

Contents

学生時代のいじめ疑惑が浮上したスジン

該当のオンラインコミュニティにて、(G)I-DLEのスジンにまつわる暴露文が話題に。投稿者いわく、スジンは中学時代に「私の妹とその友達をトイレに呼び出してはお互いにビンタをさせた」とし、さらには実妹を「いじめの加害者としてクラス中に言いふらした」とのこと。

원본 이미지

naver

その後、いじめの被害者とされる実妹も暴露を続け、スジンが「お金を要求したり、他の生徒の制服を盗んでは着ていた」とのこと。

원본 이미지

naver

例を挙げれば、スジンの飲みかけのジュースを実妹にあげ、実妹がそれを飲んだ際に「あんたが飲んだんだから金出せ」といったことを言ってきたとのことですが、このほかにも「未成年なのに非行に走っていた」など、過去の素行を続々と明かしています。

CUBE側「中学時代にケンカしたまでです」

このような暴露文に対し、所属事務所であるCUBEエンターテイメントが翌日の2月21日に公式立場を明らかにすることに。中学時代にお互いにケンカがあったことは認めるも、いじめの事実は否定しています。

CUBE側の公式立場

まず、オンライン上で拡散されている(G)I-DLE・スジンに関連した投稿に対し、本人に事実確認を行った結果、投稿者はスジンの中学時代の同級生の姉であり、スジンと同級生が電話で言い合いになっていた際に、投稿者が電話を代わり、言い合いを続けたことがあります。しかし、投稿者の主張するいじめの内容に関しては事実ではないことが判明しました。

夢に向かい最善を尽くし、一歩ずつ踏み出しているメンバーにこれ以上傷を与えないようお願いいたします。今後、悪意のある投稿に関しては刑事告訴および当社でも相応の措置を取ります。当社は今後、加害者に対し厳罰を求めることといたします。

CUBEエンターテイメントは2020年12月15日に、アーティストの権利保護にまつわる委員会を設置し、オンライン上で発生している所属アーティストに対するじょぎの事実や侮辱、羞恥心を想起させる性的表現および違法コンテンツなどを持続的にチェックしており、法務法人を通じ、刑事告訴を進めています。

改めまして、(G)I-DLEに多くの愛と関心を寄せていただき誠にありがとうございます。当社もまた皆様とともにアーティストの保護のために最善を尽くしてまいります。

女優ソ・シネのこともいじめていたという暴露に対し…?

しかし、CUBE側が公式立場を明かした後も他の投稿者、さらに上記の投稿者(姉)が「納得がいかない」と追加で暴露を続けることに。

insight

これまでスジンへの暴露文を投稿したのは少なくとも4人いるとされていますが、そのうちの1人は2ヶ月前からすでにいじめの事実を暗示している文章をスジンのYoutube映像のコメント欄に記載しています。

instagramにて意味深な投稿をしたソ・シネ

また、その暴露文のうち中学時代の同級生であった女優のソ・シネも「当時スジンにいじめられていた」と明かされることとなるのですが、その後ソ・シネ本人が2月22日のinstagramのストーリーにて「None of your excuse」(言い訳の必要がない)と意味深な投稿をすることに。

원본 이미지

naver

この意図については現在も分かっておらず、またこれに関してはスジンが以下の謝罪文で否定することとなりました。

【2/23追記】instagramにて2回目の意味深投稿をしたソ・シネ

下記のスジンの謝罪文が出た後、ソ・シネはinstagramのストーリーにて2回目の意味深投稿をすることとなったのですが、そこには歌手のビリー・アイリッシュ『Therefore I Am』のストリーミングのスクリーンショットが投稿されていましたが、該当の楽曲の歌詞に「あんたは友達じゃない」「私の名前を出さないで。私とあんたは違う」といった表現が含まれていることから、やはり今回の件を意識しているのでは?といった見解が強いです。

dispatch

【2/23追記】ソ・シネのinstagramに(G)I-DLEのファンから誹謗中傷が寄せられる

このようなソ・シネの投稿にもあり、現在(G)I-DLEの一部のファンがinstagramのコメント欄に『スジンに謝れ』『スジンを陥れようとしているのか』『スジンの活躍を嫉妬してんのか』といった誹謗中傷を続々と投稿していることで問題視されています。

insight

【2/28追記】『スジンはむしろ仲間はずれにされていた』という主張も?

それ以降もスジンは学生時代に『ソ・シネの机に物を入れていた』『卒業式に書かれたソ・シネの両親の手紙が何者かによって盗まれた』といった暴露が立て続けに掲載されることとなりましたが、この一方で『スジンはむしろ仲間はずれにされていた』という主張も登場。

원본 이미지

naver

該当の投稿者いわく『スジンは素行の良くない友人とつるんでいたものの、中学2年生の頃に仲間はずれにされた』とのこと。その頃にソ・シネが転校してきたとのことですが、スジンと親しかったという投稿者は『ソ・シネをいじめていたのはスジンではなく、その素行の悪かった友人たち』という立場のようです。

【3/5追記】スジン活動休止後に再び意味深投稿?

また、下記にも記載した通り、3月4日にスジンの活動休止が決まった後、ソ・シネが再び意味深投稿をし話題になっています。

ソ・シネのinstagram全文

彼女たちが輝く春を過ごしていた間、私にとっては冬でひどく辛く、また長い夜だった。

永遠だと思っていた彼女の夏の終わりに、私はなぜいまだ冬を過ごしているのだろう。それで、私の心に積もった雪を解かし、今も忘れられない存在を消すため努力した。

私の冬はひとりで作られたものではないものの、乗り越えるためにいつもひとりだけの静かな戦いが必要だった。信頼している方々に会い、今までやっていなかったことを始めた。時には蒼白な風が吹き、ヒビが入ったとしても、この程度で終わるならまだマシだと思っていた。

過ぎた季節のことを思い出すのは簡単なことではないけれど、その季節の場面は忘れることはない。その日の温度、匂い、行動…傷が癒えないのであれば、むしろその記憶を押し殺し、彼女の季節を静かに応援しようか、と思ったこともある。人間の心というのは実に自分勝手で、そのたびに一生懸命解かしていた雪は一瞬にして凍り付いてしまった。

それでバラバラになってしまった私の季節を恨んだりもした。もう少しだけ努力すれば良かった、何も考えず行動すれば良かった…そう考えるほど人間の心というのはずる賢く、彼女たちの季節を恨んでしまう。

このよおな厳しい冬は美しくなくとも、私の梅の花は寒い冬の中で多くの香りを放っていた。このまま崩れ去るのもなんだか私が哀れで仕方ない。私の季節に光をくれた人たちには本当に申し訳ない。

私はこれ以上冬に留まる理由がない。氷の道なんか壊してしまえ。解かせないのであれば壊せばいい。

その後、とても長かった冬の夜の果てに、今まで知ることのなかった光が差しこんできた。辺りを見渡してみると、いまだ鋭い風にさらされても、雪解けにより泥で汚れていた地面が少しずつ固まり始めた。もうすぐ春が訪れるだろう。

いまだどこかで辛い冬を過ごしているあなたに、私もまた光を照らしているということを知ってほしい。あなたも輝きの人生を送っているのだから。

【3/22追記】スジンのファンが集中砲火?

なお、この件の事実が大きくなっている現在も、いまだ無言を貫いているソ・シネに対しスジンのファンが「立場を明かしてほしい」と、ソ・シネのYouTubeチャンネルに続々とコメントを寄せているようです。

jemin.com

【3/26追記】ソ・シネがついに口を開くことに

事態がいまだ収束しないことで、ソ・シネが3月26日のinstagramを通じついに口を開くことに。ソ・シネいわく、スジンからいじめに遭ったことは事実とし『2年もの間ひどい言葉を投げかけられた』『記憶に無いだなんて本当に遺憾ですね』と明かしています。

ソ・シネのinstagram全文

こんにちは、ソ・シネです。

10年前の私は幼く、また勇気もありませんでした。しかし、今回もこのまま恐怖と躊躇に苛まれるというのは私自身も失望し、後悔すると思ったので勇気を出して言おうと思います。

私は幼い頃から芸能界で仕事をしていますが、プライベートでは平凡な学生でした。中学校2年生の1学期の頃に転校し、クラスの友達と仲良くなろうと努力していました。

私を名指ししたあの方(=スジン)は2年もの間、登校での道のり、休み時間、そして給食室などで集団で「別に可愛くもないのになんで芸能人やれてるのか分からない」「どうせ後に消えるのに」「だからいじめられるんでしょ」「先生はなんでこいつを特別待遇するのか…」など、ひどいことを言っては笑っていました。

それは幼いゆえの嫉妬、また何も考えずに言っていたのかもしれませんが、私にとっては心の傷として今でも残っています。その傷はだんだん大きくなり、人に対し恐怖を覚えるようになりました。その恐怖がトラウマになり、私の性格は暗くなっていきました。高校進学の際にこの件で支障をきたしたのも事実です。それにより、物理的な暴力ではなく、精神的な暴力、またひとりの人間にとって一生の傷になるということを悟りました。

あの方は記憶に無いといい、また私と話をしたことがないと言っていますが、その通りです。一方的な侮辱に過ぎませんからね。集団での陰口など、その言動に対しても「私はやっていない」と断言していることが本当に遺憾ですね。そして、どんな証拠を持っているのかは分かりませんが、あの方の選択的な記憶が私の話す全てを否定できるのか聞きたいですね。

今でも学生時代のいじめにより辛い思いをしている方もいらっしゃると思います。それならば勇気を出して、周りに助けを求めてみてください。私は当時それができず、時間が過ぎれば忘れられると思っていましたが、そうではないことを悟りました。

今回の件で多くの皆様にご心配をおかけし本当に申し訳ございませんでした。これからはプライベートの件とは別に、女優として多くの活動をお見せしたいと思います。

もうすぐ4月になりますが、皆様お幸せに。新型コロナウイルスにより誰もが大変な思いをしていると思いますが、それでも頑張ってほしいです。

ファンカフェにて正式に謝罪をしたスジン

その後、2月22日にファンカフェを通じ今回の件を謝罪したスジン。いじめについては本人も否定していますが、学生時代の素行については多少良くなかったことを認めています。

スジンの謝罪文全文

こんにちは。スジンです。

多く悩みましたが、ここに心境を綴りたいと思います。

私は学生時代目立ちたがり屋で、悪い行いをしたこともあります。学生でありながら好奇心で非行に走ったこともあります。

それからは非行に走ってはいません。私が更生したとしても、過去の素行に関しては事実であるため、今になって返ってきたのではないか、と思っています。

しかし、私自身納得いかない部分があります。悪い噂は付き物ではあることは分かっているのですが、多くのファンの皆様もつらい思いをしているのを知っているため、正直な心境を明かそうと思います。

信じてもらえるかは分かりませんが、私の記憶通りに話します。

投稿者の友人と私は本当に友達だったと思っています。その友達の家でごはんを食べたことも、友人のお姉さんと3人で映画を見たこともあります。投稿をしたお姉さんは私が学校で先輩から脅迫されていたことを知り、警察に通報しようとしてくれた人だと記憶しています。そのため、今もお姉さんに感謝しています。

私はその友人がなぜ私のことを敵視しているのか、その投稿で分かりました。私が記憶するそのケンカの理由は、友人が約束を破ったからです。しかも一度や二度ではなく、それに怒ったことを覚えています。それで私のことを嫌いになったのかな、という印象ですね。それで、私が今となっては本当に恥ずかしいことをしたと思うのですが、その友人にひどい言葉を投げかけました。そしてその瞬間、お姉さんが電話を取り、私に怒りました。そして私は謝罪し、電話を切りました。

それからその友人とは完全に関係が切れてしまい、お互いに良くない感情があったんだと思います。

それでも、私はその投稿に対し言いたいことがあります。

①私は一度も友人に暴行したことがありません。

②私は一度もバイクに乗ったことがありません。

③私はいじめの主導者でもなく、また大人数に言いふらしたこともありません。

④私は制服などの物品を盗んだこともありません。

⑤私はソ・シネさんと学生時代に話したことがありません。この方にも今回の件で被害が及んだと思うと本当に申し訳ないです。

ジュースの件に関しては今でも記憶にありません。ごめんなさい。私はこのようなことはしないはずです。

私のプライベートの件で物議をかもしたことをお詫びいたします。今回の件で傷ついた皆様、本当に申し訳ございませんでした。

【2/23追記】出演番組が直前になりキャンセルに

そんなスジンは2月23日に出演予定だった、メンバーのミヨンがMCをつとめる『Gossip idle』(소문의 아이들)にミンニ、ソヨン、ウギ、シュファとともにゲスト出演の予定だったのですが、今回の騒動を受け、直前にメンバー全員のゲスト出演がキャンセルとなり、ミヨンが単独で番組を進行することとなったようです。

원본 이미지

naver

【2/28追記】一部のファンから「これ以上スジンを応援しない」と声明文が出されることに

このような事態になり、一部のファンが2月23日、dcinsideの(G)I-DLEギャラリーにて「これ以上スジンを応援しない」と声明文を発表しています。

(G)I-DLEギャラリー声明文全文

(G)I-DLEギャラリー声明文

メンバーであるソ・スジンの学生時代のいじめ問題に対するdcinside『(G)I-DLEギャラリー運営陣』の声明文です。

2021年2月21日(日)、オンラインコミュニティにてソ・スジンの学生時代のいじめに関連した暴露文が掲載されました。この件に対しCUBEエンターテイメントは「投稿者の主張するいじめの内容に関しては事実ではないことが判明しました」という公式立場を出しました。しかし、それ以降も追加で暴露文が掲載され、その疑惑に対しソ・スジンは22日の午前7時54分ごろ、ファンコミュニティ『UCUBE』にて公式立場を掲載しました。しかし、この立場文に対する反発および追加での暴露がこの日の23時58分に投稿されましたが、23日の18時が経過した現在もCUBE側の塚での立場表明がない状況です。

いじめはどんな理由であれ正当化することができません。アイドルという職業上、騒動に対する明確な説明が必要です。また、これに対し相応の責任を取るべきです。疑惑を認めない上、これに対する真っ当な説明がない以上、これ以上私達は支持することができません。

従って、騒動の詳細が明らかにならない限り、私達はソ・スジンを支持いたしません。

私達は騒動の当事者ではない、他のメンバーに関しては今まで通り活動を支持します。(G)I-DLEの名誉がこれ以上毀損されないことを願うばかりです。これに対し、他のメンバーに対する保護および迅速な事実関係の把握と立場文の掲載、そして適切な措置をCUBE側に要求します。また、投稿者に対する誹謗中傷をしている一部のファンに関しては、一刻も早くそのような行為はお控えいただくようお願いいたします。

2021年2月23日

(G)I-DLEギャラリー運営陣一同

【2/28追記】投稿者とCUBE側が直接面会することに

その後、2月25日に最初の投稿者(姉)がCUBE側と直接面会することとなったのですが、投稿者はスジンが直接謝罪をすることを求めていたものの、CUBE側は「まずは事実関係を把握しなければならない」という立場の様子。

원본 이미지

naver

【3/12追記】直接面会もいじめの事実は否定?

その後、スジンは3月11日、最初の暴露の当事者(妹)とその家族と約1時間にわたり面会をしたのですが、スジンはその際に「覚えていない」と最後まで事実を否定したとのこと。

원본 이미지

naver

そこで同級生は「だったら何で私に会おうと思ったの」と尋ねたところ、「私はいじめなんてやったことがない」と返答したといいます。これには姉も「勇気を出して会ったのに何の進展もなかった」「本当に予想外の態度」と驚いているようです。

【3/12追記】一部のファンがスジンの脱退を要求する

このように、被害者と名乗る人物が続々と現れているにも関わらず、スジンがその事実を認めないことに対し一部のファンが激怒。3月11日にコミュニティにて「私達ファンは『当分の間5人体制』ではない『ソ・スジンの脱退』を要求する」と声明文を出すことに。

원본 이미지

naver

また、その前日の3月10日にはファンがCUBE側にスジンの脱退を求める花輪を送ったことを報告。CUBE前に置かれた3つの花輪には『いじめは自粛ではなく脱退』『いじめの加害者を擁護するCUBEはまた別の加害者』『詳しく説明しなさい』『それか責任取って脱退しろ』といった、なかなか過激なことが書かれています。

원본 이미지

naver

【4/23追記】投稿者が誹謗中傷に対し告訴⇒【5/24追記】当事者が謝罪文を掲載することに

その後、いじめ被害者である同級生の姉が深刻な誹謗中傷を受けているという理由で、スジンのファンとされる該当のネットユーザーに対し警察に告訴状を提出することに。いわゆる『2次被害』を受けたわけですが、これに対し5月21日に当事者がオンライン上で謝罪文を掲載。

원본 이미지

naver

該当のネットユーザーが記載した謝罪文には『スジンのファンという理由で未熟な考えをしたあまり不適切な行動をした』『自身の行いが恥ずかしくて仕方ない』などと綴られています。

【3/1追記】『peripera』広告モデルから削除されたスジン

なお、スジンは2月19日からコスメブランド『peripera』広告モデルに抜擢されていたのですが、3月1日に公式SNSから削除されていたことが判明。

insight

これにはやはり、いじめ騒動が関連していると思われますが、その直前に『peripera』を取り扱っている店舗にてスジンの宣伝広告をあからさまに他の広告で隠したりなどをしていたことで複数のオンラインコミュニティにて話題になっていました。

insight

【3/5追記】正式に活動休止が発表される

そして、CUBE側は3月4日にスジンの活動休止、また当分の間は5人体制で活動していくことを明かすことに。

CUBEの公式立場

こんにちは。CUBEエンターテイメントです。

(G)I-DLE・スジンの学生時代に関連し、当社の立場をお伝えいたします。

まず、当社の立場を早い段階で明らかにすることができず大変申し訳ございませんでした。当社は事実確認のため最善を尽くすべく、立場を明かすことに時間を要することとなりました。この件に関しご了承ください。

当社はスジンの当時の学校の先生、また同級生など、周辺の人物に当時の状況について確認しました。現在まで明らかになったことは、以前にもお伝えしたように、電話で言い合いになったことは事実ですが、それ以外のことについては確認が取れていません。

これに対し、当社は明確な事実確認のため、掲示板の投稿者およびこれに関わる当事者の皆様と直接面会することを提案しましたが、全員がこれを拒否したことでそれが叶いませんでした。しかし、もし今後面会を望んだ際はこちらも対応しようと思います。

現在、スジンは全ての活動を休止し、(G)I-DLEは当分の間5人体制で活動していきます。

改めまして、弊社所属アーティストと関連した件で不快に思われた皆様に心からお詫びいたします。また、悪意のある行為が今後もみられた場合、法的措置に乗り出す予定です。

当社はこの件に関連し、被害がこれ以上大きくならないよう、事実関係を明確に確認するべく最善を尽くします。

【4/29追記】新曲に参加せずもティーザーに登場している件

本来であれば、『UNIVERSE』から配信される新曲『Last Dance』(Prod. GroovyRoom)が2月にレコーディングを終え、4月に公開されることとなっていた(G)I-DLE。

しかし、この件により5人体制で活動することとなったことで再レコーディングをしたとのこと。そのため、『Last Dance』にはスジンは参加しないことになります。

しかし、4月26日、4月28日に公開されたティーザー映像にスジンの姿があることから疑問の声が相次ぐことに。限られたスケジュールでMVの編集ができなかったことが予想されますが『せめてサムネイルだけでも編集しろよ』といった声が多いです。

【3/10追記】CUBE側がスジンの誕生日をお祝いするも…?

3月9日に誕生日を迎えたスジン。これにともないCUBE側がSNS上でお祝いしているのですが、現在活動休止を発表しているだけに「空気を読みなさい」といった意見も多くあります。

1 2