CLCメンバーの現在の動向は?グループ脱退、別グループの活動と転換点を迎えることに|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

CLCメンバーの現在の動向は?グループ脱退、別グループの活動と転換点を迎えることに

2015年にデビューしたCLC。2021年に入りメンバーの脱退、そして別グループの活動と新たな転換点を迎えることになりました。

2015年: 5人組でデビューしたCLC

2015年にオ・スンヒ、チェ・ユジン、チャン・スンヨン、SORN、チャン・イェウンの5人組としてCUBEエンターテイメントからデビューしたCLC。

SORNはタイ人メンバーで、あとの4人は韓国人メンバーとして構成されていますが、デビュー曲『Pepe』の活動が終了した後は後続曲、次のアルバムで活発な活動を繰り広げることとなります。

2016年: メンバー2人が加入することに

デビューから1年後、新メンバーとしてクォン・ウンビンと香港人メンバーのエルキーが加入することとなりましたが、この年にインディーズで日本デビューもしています。

ただ、クォン・ウンビンは同時期に『プロデュース101』に出演していたことから、グループ活動に制限が出ることに。ちなみにこの頃にリーダーがオ・スンヒからチャン・スンヨンに交代になっています。

2021年に新たな転換点を迎えることに

その後も活動を繰り広げていたCLCですが、ヒット曲に恵まれることなく、7人で活動した楽曲が2020年9月に発売された『HELICOPTER』で最後となっています。

外国人メンバーが立て続けに脱退することに

その後、2021年に入り、2月にエルキーが脱退。2020年末に投稿した意味深な直筆の手紙が話題になっていました。

CLCエルキー、グループ脱退&契約解除。2020年末の直筆の手紙が話題になっていた2月3日、所属事務所であるCUBEエンターテイメントがCLCエルキーの脱退&契約解除を発表したことで、2020年末のエルキーのSNSでの直筆の手紙の投稿が話題になっています。...

そんなエルキーはCLC脱退後、SNSを通じ政治的発言を多くしていることで、フォロワーが減ったとのことですが、どうやらグループ時代には政治的な面はうまく隠していた様子。

その後、SORNが11月16日にCUBE側と専属契約を解除しグループ脱退。SORNは脱退していまだ間もないこともあり、今後の動向が気になるところです。

Kep1erのメンバーとして活動することとなったチェ・ユジン

また、チェ・ユジンが8月6日~10月22日まで放送されたオーディション番組『Girls Planet 999: 少女祭典』に出演し、ガールズグループ『Kep1er』のメンバーに見事選ばれることに。

最年長のチェ・ユジンはグループのリーダーとして抜擢されましたが、今後、Kep1erとして2年6ヶ月間活動することとなります。

現在、CLCは韓国人メンバーのみが残っていることとなりますが、CLCとしての活動はチェ・ユジン本人が『Girls Planet 999』内にて「事務所からCLCとしての活動はもう無いと言われている」と明かしていることから、チェ・ユジンはKep1erとしての活動に集中するようです。

『Girls Planet 999』コンプリーションミッション詳細&最終メンバーまとめ8月6日から放送が始まった『Girls Planet 999: 少女祭典』。ここでは最終回(10月22日放送回)のコンプリーションミッション詳細&最終メンバー『Kep1er』(ケプラー)についてまとめていきます。...